現在地: Home 行政情報各種計画定住自立圏構想について

定住自立圏構想について

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

三種町は、能代市を中心市として、藤里町、八峰町と共に能代山本地域での定住自立圏を形成しています。
定住自立圏構想とは、生活が必要な都市機能について一定の集積がある「中心市」と、住民生活等において中心市と密接な関係を有する「近隣市町村」が、定住の受け皿として「定住自立圏」を形成するものです。
圏域を形成する市町村が互いに連携・協力することにより、住民の生活に必要な機能を確保して定住を促進するとともに、圏域全体の活性化を図る構想です。

定住自立圏構想の詳しい内容については、中心市である能代市のホームページをご覧ください。
能代市 定住自立圏構想

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

企画政策課 企画係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-4817 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。