現在地: Home 行政情報情報開示総務課平成28年度決算に基づく健全化判断比率等について

平成28年度決算に基づく健全化判断比率等について

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する
平成28年度決算に基づく健全化判断比率等について


平成19年6月に「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が公布され、毎年度、新しい財政指標(健全化判断比率及び資金不足比率)を算定し、監査委員の審査を受け、その意見を付けて議会に報告するとともに、町民の皆さんに公表することが義務づけられました。

健全化判断比率は、(1)実質赤字比率、(2)連結実質赤字比率、(3)実質公債費比率、(4)将来負担比率の4つの指標で、それぞれの比率に応じて「健全」「早期健全化」「財政再生」の3段階((4)将来負担比率は、財政再生段階なし)に区分されます。

資金不足比率は、公営企業会計毎に算定するもので、「健全」「経営健全化」の2段階に区分されます。

三種町の平成28年度決算に基づく健全化判断比率は【1表】のとおり全て国の定める基準を下回っており、健全段階となっております。また、資金不足比率は【2表】のとおりとなり、全ての事業において資金不足が発生しておらず、「健全」な状態ととなっております。


【1表】平成28年度決算に基づく健全化判断比率
(単位:%)
区分 早期健全化基準 財政再生基準 健全化判断比率
H28 H27 H26 H25 H24
実質赤字比率 13.99 20.0
連結実質赤字比率 18.99 30.0
実質公債費比率 25.0 35.0 8.7 9.7 11.5 13.5 15.7
将来負担比率 350.0 13.4 13.4 22.6 32.8 52.1

 ※実質赤字額及び連結実質赤字額がない場合は、「-」で表示します。
 ※早期健全化基準は、標準財政規模により変動します。


◆健全化判断比率に関するお問い合わせ先
総務課 財政係 TEL 0185-85-4816


【2表】平成28年度決算に基づく資金不足比率
(単位:%)

特別会計等の名称 経営健全化基準 資金不足比率
H28 H27 H26 H25 H24
水道事業 20.0
公共下水道事業 20.0
農業集落排水事業 20.0
温泉事業 20.0
※資金不足額がない場合は、「-」で表示します。

◆資金不足比率に関するお問い合わせ先
上下水道課 下水道係 TEL 0185-85-4823


●財政健全化法に関するリンク

総務省ホームページ http://www.soumu.go.jp/iken/zaisei/kenzenka/index.html

   


 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

総務課 財政係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-4816 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。