現在地: Home 行政情報情報公開・個人情報保護個人情報保護制度個人情報保護制度の概要

個人情報保護制度の概要

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

1 個人情報保護制度の目的

 町政を運営していく上で、町は多くの個人情報を収集し、これを利用しています。
 個人情報を利用することは、住民サービスの向上に必要不可欠と言えますが、個人情報の利用によって、個人の権利利益を不当に侵害するおそれが生じてしまうこともまた事実です。
 三種町では、三種町個人情報保護条例(以下「条例」という。)を制定し、皆様の個人情報を適切に取り扱い、権利利益の侵害を防止することを目的として、個人情報保護制度を運用しています。

2 制度の内容

 町の実施機関が個人情報を取り扱うにあたって、主に次のことを定めています。

  〇 個人情報取扱事務の公開(条例第6条第4項)

  〇 収集の制限(条例第8条第2項)

  〇 利用及び提供の制限(条例第9条)

  〇 個人情報の開示、訂正、利用停止等の請求(詳細は3を御覧ください。)

<実施機関>
 町長(公営企業管理者の権限を行う町長を含む。) 議長 教育委員会 選挙管理委員会 監査委員 農業委員会 固定資産評価委員会

 3 個人情報に関する請求

 自己に関する個人情報については、実施機関に対して、開示、訂正、利用停止等の請求を行うことができます。(条例第15条、第25条から第28条)

(1) 請求できる者

 どなたでも請求できます。
 原則本人のみですが、未成年若しくは成年被後見人の法定代理人又は本人の委任による代理人は、本人に代わって請求することができます。

(2) 請求方法

 次の様式に必要事項を記入の上、個人情報相談窓口(総務課)まで提出してください。
 番号法に定める特定個人情報以外の個人情報の利用停止請求であれば利用停止請求書1を、番号法に定める特定個人情報の利用停止請求であれば利用停止請求書2を使用してください。

 開示請求書(Word版) 開示請求書(PDF版)

 訂正請求書(Word版) 訂正請求書(PDF版)

 利用停止請求書1(Word版) 利用停止請求書1(PDF版)

 利用停止請求書2(Word版) 利用停止請求書2(PDF版)

 請求書は、窓口に備え付けております。
 請求書提出の際に、請求者が御本人であることを確認できる書類(運転免許証、マイナンバーカード等)を提示していただく必要があります。
 また、代理人が行う場合は、当該個人情報に係る当人を確認できる書類の他に、代理人であることを証明できる書類も併せて必要になりますので、御注意ください。

※郵送や電話による請求は原則受け付けておりませんので、あらかじめ御了承ください。

(3) 請求後の流れ

 開示請求の場合は、請求のあった日から15日以内(最大45日まで延長する場合があります。)に、開示、一部開示又は非開示決定を行い、通知します。
 開示又は一部開示決定の場合は、決定通知書に記載の日時、場所において個人情報の開示を行います。閲覧のみでなく、文書等の写しの交付を希望される場合は、費用が発生しますので、御注意ください。 (例)白黒1枚あたり10円

 訂正、利用停止等の請求の場合は、請求のあった日から30日以内に、その諾否を決定し、通知します。請求内容を認め、訂正等を決定した場合は、速やかに当該個人情報の訂正等を行います。

(4) 決定に不服がある場合

 決定に不服がある場合は、行政不服審査法に基づいて、実施機関に対して審査請求を行うことができます。行うことのできる期間は、決定があったことを知った日の翌日から起算して3箇月以内となっています。
 個人情報保護条例に関する審査請求については、有識者等で構成する三種町情報公開・個人情報保護審査会に諮問を行います。同審査会から出される答申を尊重して、実施機関で裁決を行います。

 

 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

総務課 行政係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-4815 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。