現在地: Home 行政情報新型コロナウイルスに関連する経済対策関連情報子育て世帯への臨時特別給付金について

子育て世帯への臨時特別給付金について

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する


新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、子育て世帯の支援を行うため、国の制度に基づき給付金を支給します。

子育て世帯への臨時特別給付金について支給方法のお知らせ

 本給付金の支給方法については、年内に先行給付金として5万円の現金支給を行うとともに、来年春の卒業・入学・新学期に向けて、5万円相当のクーポンを基本とした給付を行うこととなっていましたが、地方自治体の実情に応じ、現金給付も可能とする方針が示されました。
 三種町においては、住民の皆様の利便性やクーポン給付にかかるコスト等を鑑み5万円相当のクーポン給付を現金での支給とし、先行給付金5万円と合わせて、10万円を現金で一括支給します。


子育て世帯への臨時特別給付金(チラシ)

1.支給対象児童

(1)令和3年9月分の児童手当(特例給付を除く)支給対象となる児童

(2)平成15年4月2日から平成18年4月1日までの間に出生した児童(高校生

(3)令和3年9月1日から令和4年3月31日までの間に出生し、児童手当(特例給付を除く)支給対象となる児童(新生児)

※高校に在学していない社会人等も対象ですが、婚姻している方は対象外です。

2.支給対象者

支給対象児童の保護者のうち生計を維持する程度の高い方

(1)令和3年9月分の児童手当受給者

(2)9月30日時点で高校生を養育している方

(3)新生児に係る児童手当受給者

※令和2年の所得が児童手当の所得制限限度額以上であるときは対象者に含まれません。
※保護者のうち、生計を維持する程度の高い方(児童手当受給者もしくはそれに準ずる対象者)が三種町外にいる場合は、該当者がお住まいの市区町村から支給されます。

3.支給額

支給対象児童1人につき 10万円
(先行給付金分5万円+クーポン給付分5万円)

4.申請手続き・支給について


※支給は順次行います。支給対象者によって届く通知の内容・時期が異なります。通知の発送・支給状況等については、随時ホームページに掲載します。

 

申請が不要な方(プッシュ型支給)


次の(1)~(3)に該当する方は申請不要です。


(1)三種町から令和3年9月分の児童手当を受給した方
(2)令和3年9月30日までに新生児の児童手当認定請求書を提出された方
(3)三種町で令和2年の所得情報及び口座情報等を把握できる方


・申請が不要な方には「子育て世帯への臨時特別給付金についてのお知らせ」(以下「プッシュ型支給通知」といいます)が届きます。
・プッシュ型支給通知が届いたら、必ず内容を確認してください。給付金の受給を辞退する場合、口座情報等に変更がある場合は、通知に記載された期限までに届出書を提出してください。
・期限までに届出がないときは、通知に記載された口座に給付金を振り込みます。


給付金の受給を辞退する:受給拒否の届出書
口座を解約・変更している:支給口座登録等の届出書


(提出先) 福祉課子育て支援係/琴丘・山本各支所地域生活係

※迅速な支給のため、口座の解約・名義変更等で口座が使用できない場合のみ、支給口座登録等の届出書を提出していただくようご協力をお願いします。
※支給にあたっては、住民の皆様の利便性に配慮し、かつ迅速な支給を行うため、児童手当関係情報、過去の児童手当支給情報、令和2年度子育て世帯への臨時特別給付金支給情報(公務員分)を活用しています。

 

申請が必要な方


プッシュ型支給通知が届かない、以下の方は原則申請書の提出が必要です。
・令和3年9月30日時点で高校生のみを養育している方
・勤務先から児童手当を受給している公務員
・新生児分の児童手当受給者 等

〇申請手続
申請書に添付書類(必要な添付書類は記載要領に記載しています)を添付し、申請してください。

臨時特別給付金申請書(様式第3号:高校生・公務員等) 記載要領
臨時特別給付金申請書(様式第4号:新生児) 記載要領

〇申請期間 令和4年1月4日~令和4年2月28日

         ※新生児は出生届出時にご案内します

〇提出先   福祉課子育て支援係/琴丘・山本各支所地域生活係
         ※郵送の場合は福祉課子育て支援係宛

※申請先は支給対象者の9月30日時点の住所地市町村(児童の住所地ではありません。)となります。様式は自治体ごとに異なりますので、三種町以外の場合は当該市町村にお問い合わせください。
※支給対象と見込まれる方には、申請書の提出についてご案内通知を送付しています。プッシュ型支給通知・申請のご案内通知のいずれも届かないが、ご自身が支給対象者であると見込まれる方は、個別に申請してくださるようお願いします。

5.通知の発送・支給状況等 ※12月27日現在

◆令和3年9月分の児童手当受給者(公務員を除く)
◆新生児に係る児童手当受給者(11月30日までに児童手当の認定請求手続きを終えた方)

 通知発送日:12月13日(プッシュ型支給通知)
 届出書提出期限: 12月20日
 支給予定日:12月24日
 
※同一世帯に高校生の児童がいる場合は、高校生分も含めて支給します。
 (追記)10万円一括支給へ変更したことについて、お知らせを送付しました。

◆児童手当受給者(公務員)
◆高校生のみ養育世帯
◆新生児に係る児童手当受給者(12月24日までに児童手当の認定請求手続きを終えた方)

 通知発送日:12月27日(プッシュ型支給通知)
 届出書提出期限: 1月13日
 支給予定日:1月20日

◆児童手当受給者(公務員)
◆高校生のみ養育世帯

 通知発送日:12月27日(申請のご案内通知)
 支給予定日:申請書の受理・審査後3週間以内

6.その他

 

※配偶者からの暴力を理由に避難している方
配偶者からの暴力を理由に児童と一緒に避難している場合、避難先で給付金を受け取れる場合があります。配偶者に給付金が支給される前に手続きを行う必要がありますので、避難先の市区町村へなるべく早く申し出てください。

※給付金の支給を受けた後に、支給対象者の要件に該当しないことが判明した場合や、偽りその他不正の手段により給付金の支給を受けた場合は、支給した給付金を返還していただく必要があります。

※給付金の支給を受けた後に、修正申告により児童手当の所得制限額限度額以上になった場合は、福祉課子育て支援係までご連絡ください。

※振り込め詐欺や個人情報の詐取にご注意ください。給付金の支給のためにATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはお住まいの市町村や最寄りの警察にご連絡ください。


参考:児童手当の所得制限限度額

扶養親族等の数

所得制限限度額(万円)

収入額の目安(万円)

0

622

833.3

1

660

875.6

2

698

917.8

3

736

960

4

774

1002

5

812

1040

※扶養親族等の数は、所得税法上の同一生計配偶者及び扶養親族の数です。

※所得税法に規定する同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)又は老人扶養親族がある者についての限度額(所得額ベース)は上記の額に当該同一生計配偶者又は老人扶養親族1人につき6万円を加算した額です。

※扶養親族等の数が6人以上の場合の限度額(所得額ベース)は、1人につき38万円(扶養親族等が同一生計配偶者(70歳以上の者に限る)又は老人扶養親族であるときは44万円)を加算した額です。

※「収入額の目安」は、給与収入のみで計算しています。あくまで目安であり、実際は給与所得控除や医療費控除、雑損控除等を控除した後の所得額で所得制限を確認します。

7.関連情報

 内閣府 給付金 コールセンター
 電話番号:0120-526-145 (受付時間 午前9時から午後8時まで)

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

福祉課 子育て支援係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-4836 FAX: メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。