現在地: Home 行政情報新型コロナウイルスに関連する経済対策関連情報住民向け特別定額給付金の給付について

特別定額給付金の給付について

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

  
 国では、新型コロナウイルスにかかる経済対策として、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため
 「特別定額給付金事業」の実施を発表しました。
 現在、三種町では緊急経済対策室を設置し、できる限り早く、みなさまの世帯へ申請書をお届けできるよう準備
 を進めております。
 三種町からの交付申請書の発送は5月12日を予定しておりますので、13日以降順次お届けします。

給付について

○給付対象者
 基準日(令和2年4月27日)において、当町の住民基本台帳に記載されている方
 (基準日以前に、住民票を消除されていたもので、基準日において、日本国内で生活していたが、
  いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以降初めて
  市区町村の住民基本台帳に記録されることとなった方を含む。)
 ※  外国人のうち、短期滞在者及び不法滞在者は、住民基本台帳に記録されていないため、対象外です。

○給付額
 世帯員1人につき10万円

○申請方法
 (1)郵送による申請
  交付申請書は5月12日に世帯主宛に郵送させていただきますので、13日以降順次お届けします。
  感染拡大防止のため、郵送での申請としますので、交付申請書に同封する返信用封筒にてご返信ください。

 (2)オンラインによる申請
  マイナンバーカードをお持ちの方は、オンラインでの申請が可能です。
  政府が運営するオンラインサービス「マイナポータル」から申請してください。
  緊急経済対策室にオンライン申請が可能なパソコンを1台設置しております。
  ご利用希望の方はお問い合わせください。

  ※オンラインによる申請受付は5月1日より開始しております。

○申請締切日
 8月13日(木) 

○給付方法
 ご指定の口座への振込みにより給付を行います。

 三種町特別定額給付金のお知らせ
 
 申請書記入例



配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方へ

 配偶者やその他親族からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に今お住いの
 市区町村に住民票を移すことができない方は、申出の手続きをしていただくと申出者が居住する市区町村から
 特別定額給付金を受け取れます。
 特別定額給付金の申請手続きは、申出手続きとは別に行う必要があります。
 詳細につきましては、今お住いの市区町村にお問い合わせください。

 申出の手続き(チラシ)

 申出書(様式)



給付金の詳細について

 特別定額給付金に関する問い合わせに対応するため、総務省にコールセンターが設置されています。

 特別定額給付金の概要(総務省)

 総務省コールセンター 電話:03-5638-5855
 対応時間:午前9時から午後6時30分(土曜日、日曜日、祝日除く)


■新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットラインについて

 
 給付金を装った不審な電話・メールが発生しています。
  「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」、 給付金を語る不審なWebサイトにもご注意ください。

 国民生活センターでは、新型コロナウイルス感染症対策の給付金等に関する消費者トラブルについて相談を
 受け付けています。

 トラブルに巻き込まれたら悩まず相談してください。

 ○新型コロナウイルス給付金関連消費者ホットライン
  開設日:5月1日(金)~(当面の間運用予定)
  開設時間:毎日午前10時~午後4時(土日祝日含む)
  電話番号 0120-213-188(通話料無料)
 

 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

三種町 緊急経済対策室
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-74-6422 FAX: メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。