下水道事業の役割
・家庭から排出される生活雑排水は、集落内の側溝を通りほとんどは田んぼの中の用排水路を経由して八郎潟残存湖に流れ、最終的には日本海に流れ込んでいます。
下水道が整備されて各家庭の雑排水が下水道管へ排水されることにより、汚れた川や用排水路、残存湖をきれいに戻すことが出来ます。また、集落内の側溝もドブが無くなるためハエや蚊の発生を防いで、住みよい町になります。
・清潔で快適な水洗トイレで、子どもやお年寄りでも安心して使用でき、文化的な生活を営むことが出来ます。
・下水道事業を推進する事により、景気対策・雇用確保にも大きな役割を担っています。
○今後5年間(平成15年度から平成19年度)の実施計画
整備集落名 整備面積
(ha)
整備人口
(人)
概算事業費
(百万円)
予定整備年度
浜田・大口地区 52   2,000      1,169 H15〜H19
大曲・萱刈沢地区 17     500        425 H15〜H19
鵜川・内田地区      50         76 H17〜H19
73   2,550      1,670
○排水設備工事について  
・下水道が使用出来るようになりますと、配水管やトイレの改造が必要となります。町では排水設備の設置やトイレの改造工事を適正な価格と良心的で安心して施行を行ってもらえるよう、「下水道排水設備指定工事店」を定めています。
また、改造工事にかかる工事費の一部を融資する制度もあります。

八竜町排水設備指定工事店(町内分)
指定工事店名 TEL 指定工事店名 TEL
(有)平川建材 85−4004 カネコビルド(有) 85−3717
(有)大村土木 85−4011 (有)岩谷電気 85−4107
(有)安田組 85−2548 10 笹土建工業(有) 85−3008
工藤電気工事(株) 85−2335 11 ハマダデンキ 85−2272
(有)牧建設工業 85−3981 12 三浦薬品(合) 85−2620
(有)寺沢電気工業 85−2566 13 成田建設(株) 85−2401
芦沢電気商会 85−2852 14 田森土建(株) 85−2572
※他市町村の指定工事店もありますので問い合わせ下さい。
水洗化工事資金融資制度
融資額ー70万円以内  ・返済期限ー50ヶ月以内   ・利息ー無利子(町で負担します)
・融資の条件・・・    @共用開始区域になってから3年以内
               A町税などに滞納がないこと
              B町内に住む2名を連帯保証人に
下水道(集落排水)に関するお問い合わせは・・・八竜町役場建設課環境係85−4830まで
八竜町下水道事業次期長期計画概要図