山本町 じゅんさいの食べ方


じゅんさい
食べ方いろいろ

生じゅんさい
@ぬめりが落ちないように注意し、ボールに入れて軽く水洗い(2〜3回)し、ざるにあけ水気を切る(1〜2分)
A沸騰したたっぷりのお湯にじゅんさいを入れる。
Bじゅんさいが鮮やかな緑色に変化したら、手早く氷水に入れてよく冷やす。
Cよく冷やし、お好みの薬味で召し上がってください。
 ※賞味期限  冷蔵庫に保管して1週間程度

加工(熱処理)じゅんさい
@袋(ビン)詰めされたものをボールに入れる。
Aボールに水を入れ、充分に酢抜きをする。
B充分に酢抜きをしたら、器に盛りつけお好みの薬味で召し上がってください。
※賞味期限
 【袋詰め】常温で約6カ月、長持ちさせるなら冷蔵庫へ
 【ビン詰め】常温で約1年間  
※開封後はお早めに召し上がってください。

おすすめの風味
 じゅんさいをおいしくいただくものとして、わさび醤油、酢醤油、酢味噌、ポン酢などをおすすめします。お好みで生姜やキュウリ、きざみネギ、柑橘系の果汁などを加えるのもいいでしょう。あなたのアイデアでお召し上がりください。

お吸い物
 熱々の汁に、下ごしらえしたじゅんさいをパッとはなすだけで独特の風味を与えます。肉類や魚介類などは、あらかじめよくボイルしておきましょう。

鍋  物
 鶏肉、ねぎ、白たき、豆腐、ゴボウなどを鍋の具とします。火が通って食べ頃になった鍋にじゅんさいを入れて、煮込まないで食べるのがポイント。素材はお好みで楽しめますが、地元ではよくだまこもち(ごはんをすりつぶして団子状にしたもの、きりたんぽに似ているがだまこもちは焼かない)を入れて食べます。寒い季節にはかかせない一品です。