現在地: Home くらしのガイド保険・医療高額な外来診療を受ける皆さまへ

高額な外来診療を受ける皆さまへ

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する


平成24年4月1日から
「認定証」などを提示すれば、窓口での支払いが一定金額にとどめられます

 これまでの高額療養費制度の仕組みでは、高額な外来診療を受けたとき、ひと月の窓口負担が自己負担限度額以上になった場合でも、いったんその額をお支払いいただいていましたが、平成24年4月1日からは、限度額を超える分を窓口で支払う必要はなくなります。

【高額の外来診療を受けるとき】

1 国保、後期高齢者医療など、ご加入の医療保険に、事前に認定証を申請します。

  ↓

2 病院・薬局などに認定証を提示します。これにより窓口支払いが一定上限額までとなります。

※窓口の支払いの上限額(月あたり)は、所得に応じて異なります。詳しくは、「国民健康保険の給付/高額療養費
のページの「自己負担限度額」をご覧ください。
高額な外来診療受診者
事前の手続き
病院・薬局などで
●70歳未満の方
●70歳以上の非課税世帯等の方
加入する医療保険に「認定証」(限度額適用認定証)の交付を申請してください
「認定証」を窓口に提示してください
70歳以上75歳未満で、非課税世帯等ではない
必要ありません
「高齢受給者証」を窓口に提示してください
75歳以上で、非課税世帯等ではない
必要ありません
「後期高齢者医療被保険者証」を窓口に提示してください
◆「認定証」を提示しない場合は、高額療養費の支払いは従来どおりの手続きになります。
(高額療養費の支給申請をしていただき、支払った窓口負担と限度額の差額が、後日、ご加入の医療保険から支給されます)

「認定証」の事前申請の方法など、詳しいことは、ご加入の医療保険に直接お問い合わせください。

国民健康保険に関するお問い合わせ先   健康推進課 国保年金係 電話85-2137
後期高齢者医療に関するお問い合わせ先        後期高齢係 電話85-4834   

 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

健康推進課 国保年金係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-2137 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。