現在地: Home くらしのガイド妊娠・出産・育児その他不妊治療費・不育症治療費の助成について

不妊治療費・不育症治療費の助成について

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

 

三種町では、不妊治療・不育症治療に係る費用について、自己負担額の一部を助成します。
 
一般不妊治療・不育症治療費助成事業
   
◇対象となる治療◇
  不妊検査、特定不妊治療を除く不妊治療・人工授精、不育症治療
 
◇対象となる方◇
  次の事項のいずれにも該当するご夫婦
 1.法律上の婚姻をしている夫婦で、医師により不妊治療又は不育症治療が必要であると認められた方
 2.申請の時点において、夫婦として町内に1年以上住所を有していること(ただし、単身赴任等により夫婦で住所が異なる場合は、どちらかが町内に住所を有していること)
 3.ご夫婦の前年の所得(1~5月の申請にあっては前々年の所得)合計額が730万円未満
 4.ご夫婦の双方が町税を滞納していないこと
 
◇助成の内容◇
  一般不妊治療又は不育症治療に要した自己負担額のうち、1年度あたり15万円を限度に、継続する3年間助成します。
 
◇申請手続き◇
 1.書類の提出先
    三種町保健センター
 2.必要な書類等
  (1)三種町一般不妊治療・不育症治療費助成金申請書(印鑑必要)
  (2)三種町一般不妊治療医療機関受診証明書又は三種町不育症治療医療機関受診証明書
                 ※ (1)(2)はダウンロードしてご使用ください。
  (3)医療機関の発行した領収書(写し)
  (4)ご夫婦の戸籍謄本
  (5)ご夫婦の納税証明書並びに所得証明書
  (6)ご夫婦の健康保険証(写し)
 3.申請期間
    1年度毎に当該年度の末日(3月31日)まで
 
三種町特定不妊治療費助成事業
  
 県で行っている「秋田県特定不妊治療費助成事業」の限度額を超えた自己負担分について15万円を限度に助成します。
◇対象となる方◇
  次の事項のいずれにも該当するご夫婦
 1.秋田県特定不妊治療費助成事業の助成決定を受けていること
 2.申請の時点において、夫婦として町内に1年以上住所を有していること(ただし、単身赴任等により夫婦で住所が異なる場合は、どちらかが町内に住所を有していること)
 
◇助成の内容◇
  一組のご夫婦に対し、1回の治療あたり(「秋田県特定不妊治療費助成事業」の限度額を超えた自己負担分について)15万円を限度に9回まで助成します。
  
◇申請手続き◇
 1.書類の提出先
    三種町保健センター
 2.必要な書類等
  (1)三種町特定不妊治療費助成金交付申請書兼請求書(印鑑必要) 
 ダウンロードしてご使用ください。 
  (2)秋田県不妊治療費助成事業承認決定通知書の写し
  (3)秋田県不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
  (4)秋田県不妊治療費助成事業協力医療機関受診等証明書の写し(必要に応じて)
  (5)ご夫婦の戸籍謄本
 3.申請期間
    治療を終了した日の属する年度の末日(3月31日)まで
    ※県の承認決定通知書が交付されてから申請してください。
 
 *秋田県特定不妊治療費助成事業について*
  平成28年4月1日から、助成事業の内容が変わりました。
  初めて、助成を受ける際の妻の年齢が40歳未満の場合、通算助成回数は9回までとなります。年間助成回数と通算助成期間の制限はありません。
  詳細については秋田県のホームページをご参照ください。
 
~不妊でお悩みの方へ~『秋田県不妊とこころの相談センター』にご相談ください。
  専門の医師や助産師、臨床心理士が相談に応じています。
  面接、電話による相談ができます。一人で悩まず、相談してみませんか?

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

健康推進課 保健センター
〒018-2303 秋田県山本郡三種町森岳字上台93-5
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-83-5555 FAX:0185-83-3857 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。