現在地: Home くらしのガイド農林水産業八郎湖にワカサギの卵を放流

八郎湖にワカサギの卵を放流

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

八郎湖にワカサギの卵を放流(八郎湖増殖漁業協同組合)

ワカサギ卵の定着作業

 4月18日(木) 八郎湖増殖漁業組合(八郎潟町)でワカサギ卵の放流の準備が行われました。

 八郎湖のワカサギ資源の維持増大のため孵化箱に定着させた卵を八郎湖に放流するもので、三種町では湖岸近隣市町村とともにワカサギ卵放流事業補助金として事業を支援しています。 

 この日は3千万粒の卵が組合員の皆さんによって一枚一枚、孵化箱に定着されました。今後も作業を続け1億7千万粒の卵を八郎湖の各所に設置・放流予定です。

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

農林課 農政係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-4826 FAX:0185-85-4844 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。