現在地: Home くらしのガイド障害ヘルプマーク・ヘルプカードを配布します

ヘルプマーク・ヘルプカードを配布します

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

ヘルプマーク・ヘルプカードについて

 

 秋田県では、「障がいの有無にかかわらず、相互に人格
と個性を尊重し合いながら、共生する社会の実現と、障が
いのある方などが社会参加しやすい環境づくり」を目指す
取組みのひとつとして、ヘルプマーク・ヘルプカードを配
布しています。

 外見からは障がいがあるとわからない方が援助や配慮を
必要とするときに、周囲の方々の援助を得やすくなり、み
んなで助け合う社会の実現を目指してヘルプマーク・ヘル
プカードの普及に取り組んでいます。

 

 

 

 

ヘルプマークとは

 

 義足や人工関節を使用している方、内部障がいや発達障
がいの方など、外見では障がいがあるとわからなくても援
助や配慮を必要としている方が、周囲の方々に配慮を必要
としていることを知らせるためのマークです。

 

 

ヘルプマーク

 

 

 

 

 

ヘルプマークを見かけたら

 

□電車・バスの中で、席をお譲りください

 外見では健康にみえても、疲れやすかったり、つり革に
 つかまり続けるなどの同じ姿勢を保つことが困難な方が
 います。また、外見からはわからないため、優先席に座
 っていると不審な目でみられ、ストレスを受けることが
 あります。

 

□町や商業施設等で、声をかけるなどの配慮をお願いします

 交通機関の事故など、突発的な出来事に対して臨機応変
 に対応することが困難な方や、立ち上がる、歩く、階段
 の昇降などの動作が困難な方がいます。

 

□災害時は、安全に避難するための支援をお願いします

 視覚障害や聴覚障害などがあるため状況把握が難しい方、
 肢体不自由などにより自力での迅速な避難が困難な方がい
 ます。

 

 

 

 

ヘルプカードとは

 

 障がいのある方が困ったときに支援を求めるためのもので、
「支援が必要な人」と「支援ができる人」を結ぶカードです。
障がいのある方などからヘルプカードの提示がありましたら、
記載されている内容にそって支援をお願いします。

 

表左表右   表面

 

 

裏左裏右 裏面

 

 

 

 

 

ヘルプカードは次のような場面で役に立ちます

 

□災害のとき

 災害が発生したとき、災害に伴う避難生活が必要なとき

 

□緊急のとき

 道に迷ってしまったとき

 パニックや発作、病気のとき

 

□日常的にちょっとした支援が必要なとき

 

【注意】ヘルプカードには個人情報が記載されていますので、
    取扱いには十分注意してください。

 

 

 

 

ヘルプマーク・ヘルプカードの配付

 

(1)配布対象者

  社会生活などにおいて、配慮や支援を必要としている方

 

(2)配布場所

  三種町役場福祉課福祉係、各総合支所地域生活係

 

(3)申込方法

  窓口に備えている申請書に記入

 (郵送での配布は行ないません)

 

 

 

 

 

秋田県のホームページ(リンク)

 

 秋田県で公開しているヘルプマーク・ヘルプカードについてのホームページ

 

    秋田県ホームページ(ヘルプマーク・ヘルプカードについて)

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

福祉課 福祉係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-2190 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。