現在地: Home くらしのガイド保険・医療国民健康保険国民健康保険税について

国民健康保険税について

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する


 国民健康保険税は、国民健康保険の運営にあてるために、加入者の皆さまから納めていただく目的税で、医療費の支払いや出産育児一時金の給付などにあてる貴重な財源となります。
 加入者の皆さまは、医療費の一部を負担するだけで、いつでも医療を受けられると同時に、保険税を納める義務もあります。
 保険税を納めないでいると、未納期間に応じた厳しい措置がとられますので、納期限内に忘れずに納付しましょう。
 
 
★ 保険税を長期間納めないでいると...
 
 納期限を過ぎても納付されないと、督促が行われます。
 それでも納めないでいると、日数に応じて延滞金が課せられます。
 
        ↓
 
 長期間納めないでいると、保険証の更新時に「短期被保険者証」が交付されます。
 
通常の保険証は有効期限が1年となっていますが、短期被保険者証の場合は、6か月毎の更新となります。交付するときは、納付相談を行います。
 
        ↓

 納期限から1年間が過ぎても納付されない場合は、保険証を返還してもらい、「資格証明書」を交付します。

 資格証明書は、国民健康保険の被保険者であることを証明するだけで、医療機関で保険給付を受けることはできません。かかった医療費は、いったん全額(10割)を自己負担していただき、あとで国保の窓口に、一部負担金(3割~1割)を除いた額を申請していただくことになります。
 
 
税務課賦課係 国民健康保険税のページへ
 

 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

健康推進課 国保年金係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-2137 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。