現在地: Home くらしのガイド保険・医療国民健康保険国民健康保険の自己負担割合

国民健康保険の自己負担割合

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する


 病院などの窓口で保険証を提示すると、年齢などに応じた自己負担部分を支払うだけで、次のような医療を受けることができます。

・ 診察
・ 治療
・ 薬や注射などの処置
・ 入院および看護(入院中の食事代は別に負担があります)
・ 在宅療養(かかりつけの医師による訪問診療)および看護
・ 訪問看護(医師の指示によるもの)
 
【国民健康保険の自己負担割合】

 
未就学児
2割
小学生~70歳未満
3割
 
70歳以上75歳未満 ※1
 1割または2割 ※2
(現役並み所得者 ※3 3割

 

※1 自己負担割合は70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の人はその月)から変更になります。
 
※2 「70歳以上75歳未満の自己負担割合」
・昭和19年4月1日以前生まれの人 1割(特例措置による)
・昭和19年4月2日以降生まれの人 2割 

※3 「現役並み所得者」
 同一世帯に住民税課税所得が145万円以上である70歳以上75歳未満の被保険者がいる方。
 ただし、70歳以上75歳未満の被保険者が一人で、その方の年間収入額が383万円未満である場合や70歳以上75歳の被保険者が二人以上で、年間収入額の合計額が520万円未満である場合などは、申請すれば1割または2割負担となります。


◆次のような場合は、保険が使えませんのでご注意ください。
・ 病気でないもの(健康診断、予防注射、美容整形、歯列矯正、正常妊娠や分娩など)
・ けんかや酒酔い、犯罪やわざとした行為によるケガや病気
・ 労災保険が適用される仕事上のケガや病気など

 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

健康推進課 国保年金係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-2137 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。