現在地: Home くらしのガイド保険・医療後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証について

限度額適用・標準負担額減額認定証について

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

 

 後期高齢者医療の限度額適用・標準負担額減額認定証(認定証)について説明します。

 

  入院など高額な医療費がかかる場合に認定証を提示すると、定められた限度額のみの支払いとなります。(保険適用となる医療費部分のみ適用)
また、入院時の食事代も決められた標準負担額のみの支払いとなります。

 認定証の申請について

 
 認定証は、後期高齢者医療制度の被保険者が属する世帯の課税状況から、所得区分が判定されます。
認定証の交付対象となるのは、世帯員全員が非課税の場合(低所得者1、2)です。
申請前にご連絡いただければ所得区分の確認をいたします。
 申請の際には印鑑をお持ちください。
 
所得区分    詳細
現役並み所得者  

同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者がいる場合

一般 現役並み所得者、低所得者以外の方
低所得者2     属する世帯の世帯員全員が住民税非課税である方
低所得者1   世帯員全員が住民税非課税で、各種収入から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯の方

 

 更新について

 
認定証は保険証と同じく毎年8月に更新となります。
前年度と所得や世帯の状況が変わらない場合、自動更新となり保険証と共に郵送されます。

前年度と比べて異動があった場合や申告が遅れたなどの場合、申請書を送付いたしますので、期日までに返送ください。

認定証をなくした・破いてしまった・汚してしまったとき

 

 印かんと身分証明書をお持ちの上、役場健康推進課(3番窓口)および山本・琴丘総合支所地域生活係(1番窓口)へおいでください。

90日以上の入院をした場合


 低所得者2の認定証をお持ちの状態で90日以上の入院をされた場合、申請により
食事代の標準負担額が減額になります。
 病院に支払った領収証、印鑑、認定証をお持ちの上、手続きをお願いします。
 
 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

健康推進課 長寿医療係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-4834 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。