現在地: Home くらしのガイド健康予防接種こどもの予防接種について

こどもの予防接種について

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

【定期予防接種】

法に基づき、お勧めしている予防接種です。
接種対象年齢内であれば、町でその費用を負担します。

お子さんを感染症から守るためにも、受け忘れのないように、対象年齢になったら早めに接種を受けましょう。

★予診票・接種券は、町から配布されます。無くされたり、転入された方は、ご連絡下さい。
★予防接種の副反応により、治療が必要になったなど健康被害が生じた場合には、法に基づく補償を受けることが出来ます。
★接種に関しては、接種医と良くご相談下さい。

定期予防接種

 

 ~日本脳炎予防接種に関するお知らせ~

◆平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方へ
 幼児期に日本脳炎1期の3回接種を終了出来なかった方は、特例により、日本脳炎2期接種期間に1期不足分を公費負担で接種することが出来ます。 → 詳しくは、こちら

◆平成7年4月2日から平成19年4月2日に生まれた20歳未満の方へ
 平成17年5月30日の積極的勧奨の差し控えによって第1期、第2期の接種を受けていない方は、特例により、20歳未満まで日本脳炎の不足分を接種することが出来ます。 → 詳しくは、こちら

~ヒトパピローマウイルスワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)に関するお知らせ~

平成29年3月末現在、積極的な接種勧奨は差し控えられています。
  子宮頸がん予防ワクチンリーフレット

~三種混合ワクチン(破傷風、ジフテリア、百日咳)に関するお知らせ~ 

現在、三種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳)の製造・販売は終了しています。
そのため、過去に三種混合ワクチンを接種している方で、4回の接種を終了していない方については、原則として残りの接種回数分を四種混合ワクチンに切り替えて接種するようご案内しています。
接種に関しては、接種医と良くご相談下さい。

 

【任意予防接種】

定期予防接種以外の予防接種です。
本人または保護者が希望して受ける予防接種です。

以下の予防接種については、町で接種費用を助成(一部または全額)しています。

★予診票は、接種医療機関に備え付けのものをご利用ください。
★健康被害が生じた場合には、独立行政法人医薬品医療機器総合機構による補償となります。
★接種に関しては、接種医と良くご相談ください。

《おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)》

  ・助成期間:まだおたふくかぜにかかったことがないお子さんで、満1歳から小学校に入学する前まで

  ・助成回数:1人につき1回

  ・助成金額:全額助成

  ・接種可能な医療機関 ※町と契約している医療機関に限られます。
     →町と契約している医療機関はこちら

《季節性インフルエンザワクチン》 

  ・助成期間:毎年10月1日から翌年2月末日まで 

  ・助成回数:生後6か月から13歳未満まで 1人につき2回

        13歳以上高校3年生に相当する年齢まで 1人につき1回

  ・助成金額:1回につき1,400円

  ・助成接種が可能な医療機関 ※町と契約している医療機関に限られます。

    →町と契約している医療機関はこちら

                    

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

健康推進課 保健センター
〒018-2303 秋田県山本郡三種町森岳字上台93-5
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-83-5555 FAX:0185-83-3857 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。