現在地: Home くらしのガイド高齢・介護地域包括支援センター地域包括支援センター

地域包括支援センター

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する
 

 地域包括支援センターとは?

      
          高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう支援します 


    地域包括支援センターは、役場庁舎内福祉課に設置され、保健師、社会福祉士、主任ケアマネージャーの専門職を配置して、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で安心して暮らしていくために必要となる援助や支援を行う高齢者の皆さんのための総合相談窓口です。
 
こんなことで困ったら・・・
 
【 介護のこと 】            
介護保険を利用したいがどうしたらいいかわからない
要支援と認定されたがその後はどうすればいい?
        
【 健康のこと 】               
最近、足腰が弱くなり寝たきりへの不安がある
持病があり、不安…
         
 
【 お金や財産のこと 】    
最近物忘れがひどく、お金の管理に自信が無くなってきた。 頼れる身内もいない
振り込め詐欺の被害にあってしまいました
 
          
【 家族のこと 】              
母の介護をしているが、つい大きな声をあげてしまう
       
 
【 近所の高齢者のこと 】       
最近見かけなくなった近所の一人暮らし高齢者が心配
近所の高齢者が虐待を受けているようだがどうしたらいい?
 
          
どこに相談したらよいかわからない心配ごとや悩みは、地域包括支援センターにご相談ください。
体調が悪かったり、介護で家を離れられない場合は、地域包括支援センターの職員が訪問いたします
ので、お気軽にご連絡ください。
福祉課 地域包括支援センター
☎ 0185-85-4835

 

 主な業務内容

 

総合相談支援 (高齢者の生活全般に関する相談に対応します。)
 
権利擁護 (自分らしく生きるために権利と尊厳を守ります。)
 
 介護予防ケアマネジメント (皆さんの状態に合わせた介護予防の支援をします。)
 
 包括的、継続的ケアマネジメント支援
 
 
 
 

総合相談支援 (高齢者の生活全般に関する相談に対応します。)

   
   ・町直営の強みを生かし、他課との連携を図りながら課題解決に向け支援します。
 
   ・各相談窓口(美幸苑・社会福祉協議会)等関係機関と連携し困りごとの早期発見・解決に努
     めます。
 
   ・地域に出向き相談を受ける機会をつくりながら、相談しやすい窓口を目指します。

 

権利擁護 (自分らしくいきるために権利と尊厳を守ります。) 


   *高齢者の虐待への対応
    身体的虐待・心理的虐待・経済的虐待・介護の放棄などの高齢者虐待や虐待の疑い等の通報
             や相談を受け、防止に向けた対応をします。
 
 *成年後見制度の活用支援
         認知症などにより判断力の低下している方の財産管理や様々なサービスの契約などを支援し
             ます。
 
   *消費者被害への対応
              消費者被害の予防啓発や早期発見・解決に努めます。

 

介護予防ケアマネジメント (皆さんの状態に合わせた介護予防の支援をします。)

 
    ・要支援 1・2と認定された方及びチェックリスト該当者に対して、要介護状態にならないよ
         う介護予防ケアプランを作成し、予防サービスの
利用を支援します。

   ・介護予防の普及啓発や介護予防にかかわる地区組織への支援などを行います。
 
 
 

 包括的、継続的ケアマネジメント支援

   
住み慣れた地域で安心して暮らしていくことができるよう、ケアマネージャーの支援や、地域
における
保健・医療・介護・福祉の連携、協力体制づくりに取り組み、さまざまな面から皆さ
     んを支えます。
 
 
 
介護予防事業

 *介護予防教室
介護予防とは、「できるかぎり介護が必要とならないようにする」「もし介護が必要になっ
てもそれ以上悪化させないようにする」ことを目的としています。いつまでも自分らしく自立
した生活を送るために、元気なうちから、また、生活機能の低下が軽度な早い段階から要介護
状態になることを予防するために、町で行う介護予防教室を積極的に、継続的に利用してくだ
さい。

 介護予防教室日程はこちら    転倒予防教室 「 いきいき元気塾 」
                 認知症予防教室 「 わくわく!脳力アップ教室 」
               膝痛予防教室  ・・・➡ 平成29年度の募集は終了しました      
               フットケア教室  ・・・➡ 平成29年度の募集は終了しました  



*介護予防活動支援事業補助金
   ・・・➡ 平成29年度の募集は終了しました
 
高齢になっても地域で元気に暮らすために、要介護状態の予防並びに地域の支え合い体制を
推進することを目的に実施する事業です。
地域で高齢者の通いの場(サロン等)を開催する住
民主体の活動費を補
助します。
 対  象  地区の集会所等で月に1回以上、概ね5人以上の高齢者が参加する通いの場(サロン等)を実施する 町民で構成する団体 
補助内容  通いの場(サロン等)の運営や開設準備にかかる費用(年間上限25万円)を審査のうえ、年間5団体まで補助します 
   *他の町補助金との併用はできません
申込み先  福祉課地域包括支援センター (☎0185-85-4835)
   
*地域のサロン開催支援
    
地域の高齢者の通いの場(サロン)の開催を支援します。模擬サロンを実施しながら運営に
 ついて学んでみませんか。
 対  象  各集落の自治会、婦人会、老人クラブ等 今後継続してサロン開催を考えている団体や個人
 内      容  サロンの開催  (1会場 3回程度)
 *介護保険のお話し
 *介護予防のための運動やゲーム、レクリエーションの紹介等
 会  場  地区集会所等(会場の確保と参加者の募集は地区にお願いします。)
 日  時  後日調整のうえ決定  1回 2時間程度
 費  用  無 料
申込み先  福祉課地域包括支援センター (☎0185-85-4835)
   
認知症施策の推進 ( 認知症の方や家族を支援するための体制を整えます。 ) 

 
 *認知症初期集中チームの設置

 *認知症地域支援推進員の配置

 *認知症サポーター養成講座  
   厚生労働省が実施する「認知症を知り地域をつくるキャンペーン」の一環である「認知
        症サポーター100万人キャラバン」事業です。町でも認知症について正しく理解し、認
        知症の人やその家族を見守り応援する人(サポーター)を増やし、認知症になっても安
        心して暮らせる地域を目指しています。
          チラシはこちら 
認知症サポーター養成講座
          申込書はこちら 
認知症サポーター養成講座キャラバンメイト申込書

   *おれんじカフェ (認知症カフェ)の開催  
   
認知症の人やその家族、地域の人がお茶を飲みながら認知症という病気や普段の介護
   の悩みを話し合ったり、交流したりできる場です。
          チラシはこちら
「おれんじカフェ」(認知症カフェ)
          日程はこちら  平成29年度おれんじカフェ日程

 *物忘れ相談プログラム   
   
認知症と関連する質問を用いた、タッチパネル式の簡単なスクリーニングテストです。
   オレンジカフェ(認知症カフェ)等で体験できまます。


 *こころの体温計  認知症チェックリスト(認知症予測テスト)
   
パソコンや携帯電話を利用して簡単な質問に答えるだけで、こころのストレス状態と落
        ち込み度がわかる『こころの体温計』のメニューのひとつです。 
         チェックはこちら 「認知症チェックリスト
家族介護支援事業

 
 *家族介護用品支給
内 容
           在宅で高齢者を介護している家族に対し介護用品(紙おむつ、尿取りパッ
ト、使い捨
    て手袋、清拭剤等)を宅配により現物支給します。
 
対象者
           町内に住所を有し、現に居住している者で次の条件にすべて該当する方
  ・介護を受けている高齢者が要介護3以上であること 
             ・町民税非課税世帯であること
             ・介護保険料の滞納がないこと
      ※詳しくは直接お問い合わせください。
 
       1か月あたりの支給相当額
        要介護3     5,000円
        要介護4・5   6,250円
 
       問い合わせ・申し込み先
         ・福祉課 地域包括支援センター (☎0185-85-4835)
         ・琴丘総合支所 地域生活係   (☎0185-87-3516)
         ・山本総合支所 地域生活係   (☎0185-83-2115)
 
       家族介護用品支給申請書はこちら ➩ 三種町家族介護用品支給申請書
                                   (両面印刷でご使用ください)
 
 
*家族介護慰労金支給
内 容
       家庭内で重度の要介護者の介護を行っている家族への慰労金を贈呈します。
 
対象者
     
町内に住所を有し、次の条件にすべて該当する高齢者を現に介護している家族
      ・介護を受けている高齢者が介護度4以上であり、過去1年間介護保険のサービ
         スを受けていない者
       ・町民税非課税世帯であること
             ・介護保険料の滞納がないこと
      ※詳しくは直接お問い合わせください。
  
助成額
           年額 10万円
 
問い合わせ・申し込み先
         ・福祉課 地域包括支援センター (☎0185-85-4835)
         ・琴丘総合支所 地域生活係   (☎0185-87-3516)
         ・山本総合支所 地域生活係   (☎0185-83-2115)

              家族介護慰労金支給申請書はこちら ➩ 三種町家族介護慰労金支給申請書 
   
                                     (両面印刷でご使用ください)
 
 
*家族介護交流会
内 容
家庭で家族を介護する家族を対象に、日常の介護から一時的に解放させることにより
   心身の疲労を癒すとともに、介護者同志の交流を図ります。
 
対象者
在宅で要介護状態にある高齢者を介護している家族
 
       
問い合わせ先
三種町社会福祉協議会  (☎0185-83-4861)
 
 
 
 
 事業所の皆さま 
 
  
請求書様式はこちらをご使用ください。
介護予防支援業務委託料請求書 PDF版 Word版
介護予防支援業務委託料請求内訳書 PDF版 Excel版
介護予防ケアマネジメント業務委託料請求書 PDF版 Word版
介護予防ケアマネジメント業務委託料請求内訳書 PDF版 Excel版

         





 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

福祉課 地域包括支援センター
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-4835 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。