現在地: Home くらしのガイド「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

この法律は、障がいのある人とない人が分け隔てられることなく、お互いに人格と個性を尊重し合って共に暮らせる社会の実現するために制定され、行政機関や民間事業者は正当な理由なく、障がいを理由として差別することが禁止され(不当な差別的取扱いの禁止)、障がいのある人から何らかの配慮を求める意向があったときは必要な対応をする(合理的配慮の提供)ことが義務付けられています。(民間事業者は努力義務)

 

三種町では、町の事務及び事業を行うに当たり、障がいのある人に対する「不当な差別的取扱いの禁止」や「合理的配慮の提供」等についての職員対応要領を定め、平成29年2月1日から施行しています。

 

 

 障害を理由とする差別の解消の推進に関する三種町職員対応要領

 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

福祉課 福祉係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-2190 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。