現在地: Home くらしのガイド児童扶養手当

児童扶養手当

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

◎児童扶養手当

 
 父母の離婚などにより父又は母と生計をともにしていない児童の父又は母、又は、父又は母に代わってその児童を養育している方、父又は母に重度の障害がある家庭で、18歳の年度末までの子ども(中程度以上の障害を持つときは20歳未満)を養育している父又は母などに支給されます。
 ただし、公的年金を受けている方や、事実上婚姻関係と同様の事情にあたる方には支給されません。
 
【平成26年12月1日から「児童扶養手当法」の一部が改正されました】
 これまで公的年金を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。児童扶養手当を受給するためには申請が必要です。
 (公的年金:遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など)
 今回の改正により新たに手当を受け取れる場合は、
 ・お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合
 ・父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
 ・母子家庭で離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合
などです。受給している年金額が手当よりも低いかどうかは福祉課までご相談ください。
 
 
【手当額(平成29年度)】
 
・子ども1人の場合
   全部支給 42,290円
   一部支給 42,280円~9,980円(所得に応じて決定されます)
・子ども2人目の加算額
   全部支給 9,990円
   一部支給  9,980円~5,000円(所得に応じて決定されます)
・子ども3人目以降の加算額(1人につき)
   全部支給  5,990円
   一部支給  5,980円~3,000円(所得に応じて決定されます)
 
※子どもが福祉施設などに入所しているなど、認定を受けられない場合があります。
 
【申請に必要なもの】
 請求者及び児童の戸籍謄本、住民票謄本、印鑑、請求者名の預金通帳、年金手帳(転入者の方は前住所地からの所得証明書が必要になる場合があります。)
※該当事由によっては、上記の他に必要となるものがあります。
 
【手当の支給】
 手当は、知事の認定を受けると、請求した日の属する月の翌月分から支給されます。
原則として、4月、8月、12月の11日(金融機関が休業日の場合は前日)に、前4カ月分まとめて振込されます。
 
【問い合わせ先】
 福祉課福祉係       電話 0185-85-2190
 山本総合支所地域生活係  電話 0185-83-2115
 琴丘総合支所地域生活係  電話 0185-87-3516

 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

福祉課 福祉係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-2190 FAX:0185-85-2178 メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。