○三種町防犯指導員設置に関する条例

平成18年3月20日

条例第20号

(設置)

第1条 三種町の防犯活動を効果的に行い、犯罪及び事故のない明るい社会づくりを推進するため、三種町防犯指導員(以下「指導員」という。)を設置する。

(任務)

第2条 指導員は、町長の命により警察機関及び三種町防犯協会等と緊密な連携を図り、犯罪等の未然防止のための指導を行うものとする。

(定数及び任命等)

第3条 指導員の定数は、15人以内とする。

2 指導員は、次に定める資格を有する者のうちから町長が任命する。

(1) 本町に居住し、又は勤務する者

(2) 年齢25歳以上の者

(3) 人格高潔、身体強健であって防犯に関する知識に精通し、かつ、指導力を有するもの

3 指導員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

4 指導員が欠けた場合又は増員された場合の指導員の任期は、前任者又は現任者の残任期間とする。

5 指導員は、非常勤とする。

(解職)

第4条 次の各号のいずれかに該当する指導員があるときは、町長は、これを解任することができる。

(1) 職務上の義務に違反し、又は理由なくその職務を怠ったとき。

(2) 指導員としてふさわしくない非行があったとき。

(報酬及び費用弁償)

第5条 指導員の報酬及び費用弁償は、三種町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(平成18年三種町条例第46号)の規定により支給する。

(公務災害補償)

第6条 指導員の公務上の災害に対しては、秋田県市町村議会の議員その他非常勤職員の公務災害補償に関する条例(平成14年秋田県市町村総合事務組合条例第35号)の定めるところにより、これを補償する。

(委任)

第7条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成18年3月20日から施行する。

三種町防犯指導員設置に関する条例

平成18年3月20日 条例第20号

(平成18年3月20日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第9節 防犯対策
沿革情報
平成18年3月20日 条例第20号