○三種町特殊勤務手当に関する条例

平成18年3月20日

条例第55号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第24条第6項及び三種町一般職の職員の給与に関する条例(平成18年三種町条例第52号)第8条の規定により、職員の特殊勤務手当に関し必要な事項を定めるものとする。

(特殊勤務手当の種類)

第2条 特殊勤務手当の種類は、次のとおりとする。

(1) 町税徴収手当

(2) 感染症防疫作業手当

(3) ボイラー運転業務手当

(4) 死体処置移送手当

(5) 火葬業務手当

(町税徴収手当)

第3条 町税徴収手当は、町税の徴収事務(徴収簿整理事務を除く。)に従事した職員に対して支給する。

2 前項に規定する手当は、次の区分により支給する。

(1) 1日4時間未満 400円

(2) 1日4時間以上 600円

(感染症防疫作業手当)

第4条 感染症防疫作業手当は、感染症防疫に従事する職員が感染症が発生し、又は発生するおそれがある場合において、感染症患者若しくは感染症の疑いのある患者の救護若しくは感染症菌の付着した物件若しくは付着の危険がある物件の処理作業に従事したとき、又は伝染病菌を有する家畜若しくは伝染病菌を有する疑いのある家畜に対する防疫作業に従事したときに支給する。

2 前項に規定する手当の額は、勤務1日につき500円とする。

(ボイラー運転業務手当)

第5条 ボイラー運転業務手当は、町有施設のボイラーの運転に従事したものに対して支給する。

2 前項に規定する手当の額は、勤務1日につき1,000円とする。

(死体処置移送手当)

第6条 死体処置移送手当は、死体を処置し、及び移送した職員に対して支給する。

2 前項に規定する手当の額は、死体処置1体につき1,500円とし、移送については、勤務時間内は1体につき700円、勤務時間外については1,000円とする。

(火葬業務手当)

第7条 火葬業務手当は、火葬作業に従事する職員が、火葬場において死体の火葬処理に従事した場合に支給する。

2 前項に規定する手当の額は、1日につき1,000円とする。

(手当の支給日)

第8条 特殊勤務手当は、その月の分を翌月の給料支給日に支給する。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の特殊勤務手当に関する条例(昭和60年琴丘町条例第23号)、職員の特殊勤務手当に関する条例(昭和51年山本町条例第12号)若しくは特殊勤務手当に関する条例(昭和37年八竜町条例第10号)又は解散前の特殊勤務手当に関する条例(昭和44年山本郡南部三ヶ町衛生処理事業一部事務組合条例第5号)(以下これらを「合併等前の条例」という。)による特殊勤務手当については、なお合併等前の条例等の例による。

附 則(平成20年3月25日条例第15号)

この条例は、公布の日から施行し、改正後の三種町特殊勤務手当に関する条例第10条の規定は、平成20年4月1日から適用する。

附 則(平成21年3月18日条例第9号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

三種町特殊勤務手当に関する条例

平成18年3月20日 条例第55号

(平成21年4月1日施行)