○三種町特定疾病受療者通院費助成事業実施要綱

平成18年3月20日

告示第15号

(目的)

第1条 この告示は、特定疾病のため治療を継続的に受ける必要のある者に対し、通院費用の一部として特定疾病受療者通院費助成金(以下「助成金」という。)を支給することにより、その者の費用負担の軽減と福祉の増進を図ることを目的とする。

(対象者)

第2条 助成の対象者は、三種町に住所を有し、かつ、居住する者であって、人工透析の治療のため三種町外の医療機関に1月を単位として8回以上通院し、交通費として他の公的助成を受けていないものとする。

(助成額)

第3条 助成金は、月額6,000円とする。

(助成の申請)

第4条 助成を受けようとする者は、特定疾病受療者通院費助成申請書(様式第1号)に医師の意見書を添付し、町長に申請して認定を受けなければならない。

(助成の認定)

第5条 町長は、助成の申請があった場合は、その内容を審査し、適当と認めたときは、特定疾病受療者通院費助成認定通知書(様式第2号)を交付するものとする。

(助成期間及び支給期)

第6条 助成金の支給は、申請書を提出した日の属する月の翌月(その日が月の初日であるときは、その月)から支給し、支給すべき事由が消滅した日の属する月まで支給する。

2 支給期は、毎年6月、9月、12月及び3月の4期に、各支給期月までの分を支給する。ただし、支給すべき事由が消滅した場合におけるその期の助成金は、前項の支給期月にかかわらず支給するものとする。

(助成金の請求)

第7条 助成金の請求は、別に定める請求書に特定疾病通院申告書(様式第3号)を添えて行うものとする。

(届出の義務)

第8条 認定者は、通院しなくなったとき、又は申請事項に変更が生じたときは、特定疾病受療者通院費助成変更(中止)(様式第4号)を町長に提出しなければならない。

(台帳の整備)

第9条 町長は、特定疾病受療者通院費助成台帳(様式第5号)を備えなければならない。

(助成金の返還等)

第10条 町長は、助成金の支給に関し、不正行為があったときは、助成金を返還させ、その他必要な措置を講じることができる。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の山本町特定疾病受療者通院費助成事業実施要綱(平成11年山本町告示第12号)又は八竜町特定疾病受療者通院費助成事業実施要綱(平成10年八竜町告示)(以下これらを「合併前の要綱」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

3 第2条第3条及び第6条の規定は、平成18年4月1日以後になされる申請に係る助成金について適用し、同日前になされた申請に係る助成金については、なお合併前の要綱の例による。

附 則(平成27年10月1日告示第35号)

この告示は、平成27年10月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

画像

画像

三種町特定疾病受療者通院費助成事業実施要綱

平成18年3月20日 告示第15号

(平成27年10月1日施行)