○三種町赤ちゃん誕生祝金支給条例

平成18年3月20日

条例第118号

(趣旨)

第1条 この条例は、三種町の人口増加を図り、若年層の定着化と出産を奨励するとともに、併せて出生時の健康増進を願い、誕生祝金(以下「祝金」という。)を支給し、健康で豊かな町づくりに資するため、必要な事項を定めるものとする。

(支給の対象者)

第2条 祝金の支給対象者は、三種町に現に1年以上在住し住民基本台帳に登録している者で、第2子以降の子を出産したもの又はその配偶者とする。ただし、当該世帯が町税を滞納しているときは、これを支給対象としない。

2 前項において第2子以降の子とは、実子とし、養子等は含まないものであり、かつ、当該子を含め、すべての子が現に三種町に住所を有していなければならない。

(支給の金額)

第3条 祝金の支給金額は、第2子については20万円、第3子以降については30万円とし、一時金として支給するものとする。

(申請)

第4条 祝金の申請は、赤ちゃん誕生祝金支給申請書(様式第1号)により行うものとする。

(支給対象者の決定)

第5条 町長は、前条の申請があったときは、出生届書及び住民基本台帳に基づき、赤ちゃん誕生祝金審査票兼支給台帳(様式第2号)により審査し、支給対象者を決定したときは、本人に通知しなければならない。

(支給の時期)

第6条 祝金の支給時期は、当該子が月齢3月に達した月の翌月に支給するものとする。

(資格の喪失)

第7条 当該子が支給時期において死亡又は支給対象者等も含め町外へ転出している場合は、支給しないものとする。

(支給の制限)

第8条 町長は、第1条の趣旨にそぐわないおそれのある支給対象者又は既に支給した者に対し、支給の制限又は返還をさせることができる。

(支給の事務)

第9条 主管課は、常に関係事務に必要な資料の調査整備を行い、事業の運営を確実に掌理するものとする。

2 祝金支給の事務を明らかにするため、次の帳簿を備え付けるものとする。

(1) 赤ちゃん誕生祝金審査票兼支給台帳(様式第2号)

(2) 赤ちゃん誕生祝金事務整理簿(様式第3号)

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成18年3月20日から施行する。

(適用)

2 この条例は、平成18年4月1日から適用し、同日前に係るものについては、なお合併前の八竜町誕生祝金贈与条例(平成8年八竜町条例第3号。次項において「合併前の条例」という。)の例による。

3 この条例の施行の際、現に合併前の琴丘町、山本町又は八竜町(以下「合併関係町」という。)に住所を有する者であって、引き続き本町に住所を有することとなるものに係る第2条第1項の規定の適用については、合併関係町に住所を有していた期間を本町に住所を有していた期間とみなす。

(経過措置)

4 平成18年3月31日までに、合併前の条例の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成22年6月25日条例第15号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(適用区分)

2 改正後の第2条及び第3条の規定は、平成22年4月2日以降に出生した子について適用し、平成22年4月1日以前に出生した第3子以降の子については、なお従前の例による。

画像

画像

画像

三種町赤ちゃん誕生祝金支給条例

平成18年3月20日 条例第118号

(平成22年6月25日施行)