○三種町保育園バス運行管理要綱

平成18年3月20日

告示第21号

(趣旨)

第1条 この告示は、三種町保育園バス(以下「バス」という。)の運行管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(車両の管理)

第2条 バスの管理者は、福祉主管課長とする。

2 管理者は、常に車両の運行状況を把握し、効率的な運行を図るとともに運転者を指揮し、監督し、事故の防止に努めなければならない。

3 運転者は、管理者の命によりバスを運転しなければならない。

(バスの使用)

第3条 バスの使用は、児童福祉事業の目的達成のために行う事業等で正規の手続を得て、管理者の許可を得たものに限る。ただし、管理者が特に必要と認めたときは、この限りでない。

2 児童福祉事業以外の使用は、町長が許可した場合に限る。

(バスの使用手続等)

第4条 バスを使用する者は、使用許可申請書(様式第1号)を使用開始10日前まで管理者に提出し、許可を受けなければならない。ただし、緊急用務のために使用する場合は、この限りでない。

2 管理者は、前項の申請書を受理したときは、内容を検討し、使用の許可について申請者に保育園バス使用許可書(様式第2号)により通知しなければならない。

3 前項の規定により使用許可を受けた者が、使用の内容を変更しようとするときは、直ちに管理者に届け出て、その指示を受けなければならない。

(使用制限)

第5条 管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、バスを使用させないものとする。ただし、特殊事情として認めたときは、この限りでない。

(1) 児童福祉事業としてふさわしくないもの

(2) 研修計画等が不適当であると認められたとき。

(3) バスの乗車人員が10人以下のとき。

(4) バスの使用日数が継続して2日以上にわたるとき。

(5) バスの運行距離が片道150キロメートル以上にわたるとき。

(6) その他運行管理上不適当と認められるとき。

(許可変更及び取消し)

第6条 管理者が、使用を許可した後であっても児童福祉事業遂行上必要が生じたときは、その使用を変更し、又は取り消すことができる。

(使用時間)

第7条 バスの運行は、原則として午前7時30分から午後6時30分までとする。ただし、使用目的の性質上やむを得ないと認めたときは、この限りでない。

(運転日誌)

第8条 バスには保育園バス運転日誌(様式第3号)を備え付け、運転者は、所要事項を毎日記入し、管理者に提出しなければならない。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月20日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の琴丘町保育園バス運行管理要綱(平成15年琴丘町訓令第6号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月26日告示第7号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

三種町保育園バス運行管理要綱

平成18年3月20日 告示第21号

(平成19年4月1日施行)