○三種町生きがい活動支援通所事業実施要綱

平成18年3月20日

告示第26号

(趣旨)

第1条 この告示は、生きがい活動を通した生活の質の確保及び要介護状態になることの予防を図り、高齢者が住み慣れた地域社会の中で引き続き生活していくことを支援するもので、事業の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業の実施及び委託)

第2条 事業の実施主体は、三種町とする。ただし、対象者及び供与するサービス内容の決定を除き、事業の一部を適切な事業運営が確保できると認められる社会福祉法人等(以下「委託団体等」という。)に委託できるものとする。

(対象者)

第3条 対象者は、三種町に在住するおおむね60歳以上の高齢者で、家に閉じこもりがちなものとする。

(事業の内容)

第4条 生きがい活動援助員が、利用対象者の希望及び身体の状況に応じ、次のサービスを提供するものとする。

(1) 基本事業

 生活指導

 日常動作訓練

 健康チェック等

(2) 単独事業

 給食サービス

 入浴サービス

 送迎サービス

(申請)

第5条 事業によるサービスを受けようとする者又はその家族等(以下「申請者」という。)は、生きがい活動支援通所事業利用登録申請書(様式第1号)を町長に提出しなければならない。

(登録)

第6条 町長は、事業の利用申請があった場合において、利用を認めた場合は、生きがい活動支援通所事業登録台帳(様式第2号)に登録し、申請者に生きがい活動支援通所事業利用決定通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(却下通知)

第7条 町長は、事業の利用申請があった場合において、該当を認めないときは、申請者に生きがい活動支援通所事業利用却下通知書(様式第4号)により通知するものとする。

(利用料)

第8条 事業の利用料は、別表第1に掲げる額とし、利用者が負担するものとする。

(委託料)

第9条 第2条の規定により事業の一部を委託した場合の委託料は、別表第2に掲げる額とする。

(調査)

第10条 事業の一部を委託した場合において、町長は、委託団体等が行う業務の内容を定期的に調査し、必要な措置を講じなければならない。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月20日から施行する。

(適用)

2 この告示は、平成18年4月1日以後に係る事業に適用し、同日前に係る事務については、なお合併前の琴丘町生きがい活動支援通所事業実施要綱(平成16年琴丘町訓令第6号)又は山本町デイ・サービス事業実施要綱(平成4年山本町告示第33号)(次項においてこれらを「合併前の要綱」という。)の例による。

(経過措置)

3 平成18年3月31日までに、合併前の要綱の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年4月1日告示第8号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成28年4月1日告示第35号)

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 行政庁の処分その他の行為又は不作為についての不服申立てに関する手続であってこの告示の施行前にされた行政庁の処分その他の行為又はこの告示の施行前にされた申請に係る行政庁の不作為に係るものについては、なお従前の例による。

3 この告示の施行の際、改正前のそれぞれの告示に規定する様式による用紙で、現に残存するものは、当分の間、所要の修正を加え、なお使用することができる。

別表第1(第8条関係)

生きがい活動支援通所事業利用料(日額)

区分

サービスの内容

利用料

基本事業

生活指導

日常動作訓練

健康チェック

1,000円

単独事業

給食サービス

入浴サービス

送迎サービス

別表第2(第9条関係)

生きがい活動支援通所事業委託料

区分

サービスの内容

委託料

基本事業

生活指導

日常動作訓練

健康チェック

利用者1人当たり 4,000円

単独事業

給食サービス

入浴サービス

送迎サービス

画像

画像

画像

画像

三種町生きがい活動支援通所事業実施要綱

平成18年3月20日 告示第26号

(平成28年4月1日施行)