○三種町農業総合指導センターの組織と運営に関する規則

平成18年3月20日

規則第106号

(設置)

第1条 農政事情の変化、農業技術の革新等に対応して、行政機関及び農業指導関係団体が相互に提携し、農家の指導方針の一元化を図り、生産から流通に至る一貫した体制確立をすすめ、もって三種町農業の振興を図る目的で三種町農業総合指導センター(以下「指導センター」という。)を設置する。

(運営委員会)

第2条 指導センターに指導センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会の委員は、町長が次の職にある者を委嘱する。

(1) 農業委員会の会長

(2) 農業協同組合の長及び農業共済組合の長

(3) 土地改良区の理事長

(4) 学識経験者

3 委員の任期は、前項各号のそれぞれの役職にある期間とする。ただし、前項第4号の学識経験者については、2年とする。

4 運営委員会に委員の互選により委員長を置く。

5 委員長は、運営委員会を代表し、会議の議長となる。

6 委員会は、必要に応じ町長が招集する。

7 委員会の職務は、おおむね次に掲げる事項のうち、町長が諮問するものを審議するほか、関連事項についての意見を述べることができる。

(1) 指導センターの運営に関する事項

(2) 指導センターの財務に関する事項

(3) 農政、経済事情に関する情報に関する事項

(4) 町農業技術の向上と改良普及及び農政全般の基本方針に関する事項

(5) その他町長及び委員が必要と認める事項

(事務局)

第3条 指導センターに所長を置き、所長は、町長が職員のうちから任命する。

2 所長は、指導センターの運用に関する一切の事務を掌する。

3 町長は、必要に応じ、所長の下に補助職員を置き、所長の業務を補佐させることができる。

(指導センターの財務)

第4条 指導センターの運営及び関連業務に関する費用は、三種町一般会計をもって支弁する。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、規程その他により、その都度町長が定めるものとする。

附 則

この規則は、平成18年3月20日から施行する。

三種町農業総合指導センターの組織と運営に関する規則

平成18年3月20日 規則第106号

(平成18年3月20日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成18年3月20日 規則第106号