○志戸橋部落有財産統一条件

昭和11年3月9日

議決

第1条 部落有財産に関し、部落と個人又は団体との間に有する権利義務は、その儘村に継承すること。

第2条 部落有林野に対する下記慣行は、管理区分按並びに施業按の定むるところにより無償にて之を認むること。

但し、其の使用区域は、各部落民互に相侵さざること。

(1) 秣草及萱の採取

(2) 自家用薪炭の伐採

(3) 道路及び堰根用材の伐採

(4) 副産物の採取

第3条 従来部落有土地に存在する立木は、関係者に手入保護をなさしめ施業按に基き代採を行い、第2条(2、3)の区域を除き、伐期収入を下記の通り区分し、其の一部を村の基本財産に編入し、他の一部を元所有部落内の公共事業費に充当す。

但し、公共事業に該当なきときは、元所有部落内住民に分与すること。

樹種

村基本財産に編入する歩合

元所有部落内の公共事業費に充当する歩合

雑木

伐採収入の10分の2

伐採収入の10分の8

杉、松、30年未満

同    10分の3

同    10分の7

同   30年以上

同    10分の2

同    10分の8

第4条 前条の立木伐採後、天然更新に依り生産する雑木は、時価の7割を以て当該部落民に特売すること。

但し、特売代金は、基本財産編入すること。

第5条 既開墾地は、当該部落民と協議の上、従来の縁故者に貸付又は特売し得ること。

第6条 私有地間に所在する小面積の土地及び管理上不便の個所は、部落民と協議の上、縁故者に特売し得ること。

第7条 第5条及び第6条の特売代金及貸地料は、其の10分の6を村基本財産に、10分の4を元所有部落内公共事業費に充当す。

第8条 統一したる林野に対しては、管理区分按並びに施業按を定むること。

第9条 将来官行造林、県行造林、村営造林を行いたる時は、元関係部落民に其の保護の責に任ずるときは、伐期に於て村収入の2割を関係部落民に交付するものとす。

第10条 各条件を改廃せんとするときは、当該部落民3分の2以上の同意するにあらざれば変更することを得ず。

志戸橋部落有財産統一条件

昭和11年3月9日 議決

(昭和11年3月9日施行)

体系情報
第13編 その他
沿革情報
昭和11年3月9日 議決