○三種町に提出する書類の押印の省略に関する規則運用要領

平成25年3月29日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 この訓令は、三種町に提出する書類の押印の省略に関する規則(平成25年三種町規則第9号。以下「規則」という。)に掲げる押印の省略の取扱いについて定めるものとする。

(押印の省略)

第2条 規則第2条に規定する押印を省略することができる書類は、次のとおりとする。

(1) 対象が不特定の者であり、押印を求めてまで提出者を確認する必要がないもの

ア 施設の利用申請書等

イ 閲覧・縦覧の申請書等

(2) 他の手段により提出者を確認することができるもの

 証明書等の提示又は同時に提出される書類によって提出者が確認できるもの

(ア) 免許証、保険証等の提示

(イ) 医師の診断書、所得証明書等の添付

(3) 提出があったときに、既にそのために登録若しくは抽出されている名簿、台帳等との照合により提出者の資格を確認できるもの

(4) 単に事実又は状況を把握することを目的とするもの

附 則

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

三種町に提出する書類の押印の省略に関する規則運用要領

平成25年3月29日 訓令第2号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第3節 文書・公印
沿革情報
平成25年3月29日 訓令第2号