現在地: Home 町長室 三種町長だより 秋田ノーザン・ハピネッツホーム・ゲーム挨拶(12月3日)

秋田ノーザン・ハピネッツホーム・ゲーム挨拶(12月3日)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

秋田NH三種大会1
三種町琴丘総合体育館
 三種町は今年、合併5周年を迎えました。それを記念して秋田ノーザン・ハピネッツの水野社長に、「三種町は大変バスケが盛んな町だから是非とも公式試合をこの琴丘総合体育館でやっていただけないか」とお願いしたところ、水野社長からOKが出て、本日開催の運びとなったところです。BJリーグの公式試合を三種町で開催できますことは私を始め三種町民の誇りとするところであります。水野社長のご英断に感謝申し上げますと共に、BJリーグの関係者の皆様にも、心からお礼申し上げます。
 
 今年は3月11日に東日本大震災が発生し、多数の尊い命が犠牲となりました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りすると共に、今なお不自由な生活を余儀なくされておられる被災地の皆様にお見舞い申し上げます。
 秋田県の計らいにより、被災地の大船渡市から末崎中学校の男女バスケットボール部の監督さん、選手の皆さん、父母会の皆さんがお出でです。今日、明日、三種町内の中学校と交流試合を行いますが、厳しい練習環境で大変だと思いますが、どうか頑張っていただきたいと思います。
秋田NH三種大会2
中村HCの挨拶
 さて、今年のハピネッツはこれまで10勝4敗と絶好調で、現在、東地区首位を走っております。「ひたむきに がむしゃらに『心を込めて』大胆にプレーする」を合い言葉に、有明コロシアムで行われるプレイオフ進出が目標です。是非とも有明に行っていただきたいと思います。
 対する琉球ゴールデン・キングスも西地区の首位を走っており、トップチーム同士の激突で最高の試合になろうかと思います。両チームにおかれては最高の試合を見せていただくよう期待しておりますし、観客の皆様も最後まで絶大なるご声援をお願い致します。
 皆さんのご健闘を心からお祈りし、挨拶といたします。頑張って下さい。