現在地: Home 町長室 三種町長だより 「第10回新春チャリティーショー」あいさつ(1月15日)

「第10回新春チャリティーショー」あいさつ(1月15日)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

 新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
 今年は例年になく雪が多く、皆様も毎日の雪かきでお疲れのことと思いますが、くれぐれも体調を崩されないようにして頂きたいと思います。
八竜歌謡サークル1
 さて、三種町八竜歌謡サークル様主催の「第10回新春チャリティーショー」がこのように盛大に開催されますことを心からお慶び申し上げます。
 いまさら申し上げるまでもなく、私たちが毎日、生活をしていくなかで、歌や踊りほど私たちの心の奥底にまで溶けこんで、生きるよろこびと励ましを与えてくれるものはありません。歌や踊りがどんなに人の心をやわらげ、心をふるい立たせ、あるいは落ち込んでいるときに救ってくれるか、私達の生活になくてはならないものであります。
 会長の工藤妙子様は永年、歌謡の普及を続けてこられ、その活動の一環として毎年チャリティーショーを開催し、多くの歌謡曲ファンを魅了して来られました。また、収益金の一部を町の社会福祉協議会へ御寄贈頂くなど、町では大変有り難く思っている次第です。
 今、高齢化が進む中、どうしたら町民の皆様が健康で生き生きとした生活を送ることが出来るようにいろいろ苦心しております。以前、工藤会長さんからお年寄りの方々にカラオケを教えて、歌でお年寄りを元気にする、幼稚園をもじって「老稚園」をやりたいと聞かされたことがあります。大変面白いアイデアだと思います。
八竜歌謡サークル2
 町でもみたね大学を開いたり、さざ波苑を利用いただいたりしながら趣味の仲間づくり を支援しておりますが、今後とも充実するよう努めて参りたいと思います。
 そこの家の主婦が元気だとその家庭は元気なように、三種町のご婦人が元気だと町も元気になります。今日は圧倒的にご婦人が多いようですので、皆様の活動が町に元気を与えて頂きますよう、これからもよろしくお願い申し上げます。
 結びになりますが、三種町八竜歌謡サークル様の今後益々のご発展と本日ご参集の皆様の御健勝・ご多幸を御祈念申し上げ、お祝いの言葉とさせて頂きます。
 本日は、誠におめでとうございました。