現在地: Home 町長室 三種町長だより 第3回国民健康保険運営協議会あいさつ (2月23日)

第3回国民健康保険運営協議会あいさつ (2月23日)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

国民健康保険運営協議会
 平素、委員の皆様には本町の行政各般につきまして、ご理解・ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 また、本日は御多忙のところ、運営協議会にご出席いただき感謝申し上げます。
 さて、平成23年度に入って第3回目の協議会ですが、当町の国保財政は相変わらず医療費の変動に大きく左右される状況でございまして、本日の議題も来月6日から始まる3月定例議会に提出する予定の、国保特別会計の補正予算(案)と平成24年度国保特別会計当初予算案でございます。
 今年度の医療費推計等については、このあと担当より説明ありますが、経済状況、雇用環境が非常に厳しい中、国保税と国・県等からの交付金で運営することが原則の国保財政は、依然として厳しい状況に置かれておりますことに変わりはございません。
 増加する医療費に対応するため基金等は既に取崩している現状です。
 昨今の経済状況を考えたとき、町の考え方としては一般会計からの投入も含めて、税の上昇を抑える方向で行かなければならないと考えております。いずれにしましても、大変悩ましいところであります。
 県が主体となる「国保の広域化」ということを早期に実施すること、並びに国保会計に対する国庫負担を引き上げること等をこれまで要望して参りました。国保加入者の負担軽減に努めなければ最早立ちゆかなくなるだろうと考えております。
 このようなことも含めて、本日はよろしくご審議の程お願いいたします。