現在地: Home 町長室 三種町長だより 「新型救助工作車」披露 (4月5日)

「新型救助工作車」披露 (4月5日)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

4.5 工作車1
 新型救助工作車の披露にあたり、ご多忙中のところ、組合議員の皆様にお集まり頂きまして、誠にありがとうございます。
 このたび、関係各位のご理解とご協力により能代山本広域消防本部に新型救助工作車が納入になり昨日から運用されております。
皆様には、改めて深く感謝申し上げます。
 さて、昨今の災害の形態を見ますと、多種多様化、更には大規模化する傾向にあります。
 そのような中にあって、昨年三月十一日に発生した東日本大震災は、あまりにも大きな災害で、一年を経過した今でも国民の心に深い爪痕を残し、改めて自然の脅威を痛感しているところであり、人命・財産を脅かす各種災害に対する、
消防防災行政に寄せる住民の期待は、益々高まっております。
 この救助工作車の導入は、各種の災害に対応するため、様々な最新救助資機材を活用し、迅速かつ高度で安全な救助活動を行い、住民の生命及び財産を保護するうえで、重要な役割を担うものと確信しております。
 本番の出場はないに越したことはありませんが、本番の際はこの最新鋭の救助工作車の威力を最大限活用して人命の救助にあたってもらいたいと思います。そのためにも、特別救助隊員の皆様には、日々訓練を重ねて消防救助体制の強化を図り、安全・安心を住民に提供できるよう業務に励んで頂きたいと思います。
 本日ご出席頂いた皆様方におかれましても、我々が住む能代山本地域が、安心して暮らせる安全な街づくりのため、より一層のご支援とご協力を頂きますようお願い申し上げ、訓示といたします。
4.5 工作車2 4.5 工作車3