現在地: Home 町長室 三種町長だより 三種町森岳温泉防火管理推進協議会通常総会 (6月5日)

三種町森岳温泉防火管理推進協議会通常総会 (6月5日)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

 本日、三種町森岳温泉防火管理推進協議会通常総会が滞りなく開催され、誠におめでとうございます。
 また、平素、皆様におかれましては行政各般にわたりご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、最近のホテル火災として記憶に新しいのは、先月、7名が死亡した広島県福山市のホテル火災でございます。このホテルでは消防法に違反した状態が長く放置されていたことが明らかになりました。その背景には最近、旅館やホテルで大きな火災がなかったことから、防火対策の見直しがおろそかになっていたことがあるようです。本件では三点が指摘されております。第1に、消火器や自動火災報知器などの消防設備の点検報告が行われていなかったこと。第2に、消火や避難の訓練が実施されていなかったこと。第3に、屋内消火栓の一部に不具合が見つかり、早急に是正するように指導されていたが、その後改善されたか確認されていなかったこと。
 いったん事故が起きますと、私共施設管理者の防火や安全意識が厳しく問われることになります。現在、消防が立入り検査の対象としている建物は、旅館やホテルの他に、デパート、スーパー、病院、老人ホーム、雑居ビル、危険物を扱う工場などであります。
 昨年はグループホームや特別養護老人ホームなどの福祉施設にスプリンクラーの設置が義務づけられ国、県から全額補助されておりますが、旅館やホテルなどは設置基準6,000㎡で、これらの場合かなりの広さがないとスプリンクラーを設置しなくていいことになっているようであります。今後、防火対策のあり方が議論される可能性もございます。
 いずれにしましても、くれぐれも火災を出さぬよう細心の注意を払って、今後とも対処願いたいと思います。
 結びになりますが、森岳温泉防火管理推進協議会の益々の発展と本日ご参会の皆様のご健勝とご活躍を御祈念申し上げ、挨拶とさせていただきます。
 本日は誠におめでとうございました。