現在地: Home 町長室 三種町長だより 秋田県戦没者遺族相談員連絡協議会 (6月20日)

秋田県戦没者遺族相談員連絡協議会 (6月20日)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

 皆様こんにちは、三種町長の三浦でございます。本日は、全県各地から、ようこそ三種町にお出でくださいました。
 秋田県戦没者遺族相談員連絡協議会総会並びに研修会が開催されますこと、心から お祝い申し上げます。
6.20 遺族  戦没者遺族相談員並びに戦傷病者相談員の皆様の活動につきましては、厚生労働大臣の委嘱により、戦没者の御遺族及び戦傷病者の方の福祉の増進を図るための相談に応じ、援護に必要な指導等を行うと伺っておりますが、具体的には恩給や年金・弔慰金の受給、生活上の困りごと相談や助言など本当に密接な活動を行っていただいておりますことは、誠に心強く、今後ともどうかよろしくお願い申し上げます。
 また、遺族の処遇改善などの援護措置は、毎年の如く改正されており、周知するのはとても大変なことだろうと思います。いろいろな課題もあることと思いますが、今後とも頑張っていただきたいと思います。
 さて、過去の大戦において、ひたすら祖国の安泰を願い、最愛のご家族を案じながら、戦場に散り、遠い異境の地で亡くなられた戦没者の方々のご心情は、察するに余りあり、戦後67年の歳月を経た今もなお、沈痛な思いが胸に迫って参ります。
 そして、私達が今日、平和で安定した生活が出来るのは、ひとえに諸霊のご加護とご遺族の皆様から寄せられたご支援・ご協力のたまものであり、現在の平和と繁栄の陰には、御霊の貴い犠牲とご遺族による、誠に大きな礎があることを一時たりとも忘れてはならないと改めて肝に命じるものであります。
 さらには、これまで築き上げてきた繁栄を、次の世代に継承することは勿論のこと、命の尊さや平和の尊さを永遠に語り継いで行くことが、私ども行政としても重要な責務と考えております。
相談員の皆様が、これからも重要な責務を全うできますように、町としましても、今後ともご支援して参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 結びになりますが、秋田県戦没者遺族相談員連絡協議会のますますの発展と本日ご参集の皆様のご健勝とご活躍を心からお祈り申し上げ、あいさつといたします。