現在地: Home 町長室 三種町長だより 三種町民生児童委員協議会総会 (4月12日)

三種町民生児童委員協議会総会 (4月12日)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

 本日、平成25年度三種町民生・児童委員協議会総会が開催されるにあたり、一言お祝いの言葉を申し上げます。
 日頃、民生・児童委員として地域の福祉活動に尽力され、恵まれない人々に対し、親身のお世話をされている皆様のご努力に対し、心から敬意を表し、感謝申し上げます。
 また、皆様の中には、長きに亘りご奉仕をいただき、まさに町の福祉行政の歴史とともに歩まれた方 も多くおられます。そのご尽力の過程は、社会的弱者と共に歩まれた、皆様の尊い歴史でもあります。
4.12 民協  何と申しましても、地域の実情に明るく、地域住民から全幅の信頼を置かれておられる皆様方の温かいご理解とご支援を賜りますことは、私どもにとりまして、誠に心強いことであり、重ねて深く感謝申し上げます。
 さて、ご承知のとおり、我が国の福祉行政は、急速な社会構造の変化に即応して、複雑多様化するとともに、量的にも増加の一途を辿っております。
 特に高齢化率は、当町におきましても既に36パーセントを突破しており、3人に1人が65歳以上という超高齢化社会となっております。これに伴い、福祉に対する町民の皆様のニーズもますます複雑多岐に亘っていくものと思われます。
 本町におきましても、このようなすうせいに対応するため、「健やかに安心して暮らせる町」づくりのため、福祉施策の充実に努めているところでございますが、特に、今後は高齢社会の進行とともに、地域福祉・在宅福祉の充実がますます要請されて参ります。
 地域福祉の推進のためには、私ども行政の力だけでは限界があり、困難を伴うところもございます。常日頃から地域の方々の身近な相談相手として、また地域と行政を結ぶ重要なパイプ役として、地域福祉推進の中心的な役割を担って頂いている、民生・児童委員の皆様方のご活動に対する期待は、これまで以上に高まってきております。
 皆様におかれましては、日頃から社会福祉に対する深いご理解とご熱意をもっておられる最適任の方々として、それぞれの地域において選ばれた方ばかりでございますので、今後とも本町の社会福祉の向上のために、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 結びになりますが、皆様方の益々のご活躍と、ご参会の皆様の御健勝・ご多幸を心からお祈り申し上げまして、お祝いのことばとさせて頂きます。