現在地: Home 町長室 三種町長だより 三種町地域福祉フォーラム (11月24日)

三種町地域福祉フォーラム (11月24日)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

 皆さん、こんにちは。町長の三浦です。本日はこのようにたくさんの皆様から本フォーラムにご参加をいただき、有り難うございました。
 今回のテーマは「今、伝えたい福祉でつながる心の絆」です。人という文字を見ても分かるように私達は家族、親戚、友人、同僚、地域の方々などやたくさんの人達に支えられて生きています。
 私達は決して一人で生きているわけではありませんが、世の中が忙しいせいなのか、経済的な豊かさが失われたせいなのかは分かりませんが、どうも地域の中での付き合いが薄くなってきているように感じています。皆さんのところでも、色々な行事をやっているでしょうが、出てくる人は大体決まっていませんか。
11.24 福祉フォーラム
 それから、昔は地域にもっとコミュニケーションを取る力があったように思います。
例えば、子どもができると子どもを通してお嫁さん達が地域の人と接するようになりました。また、ご近所のお宅から野菜などおすそ分けをいただくことがあります。早朝、玄関先に置いてあるのですが、名前は書いていないんですけれども、ご近所だとすぐ分かります。我が家からもお返しにと何か差し上げる。そういうお裾分けの文化というのも大事なコミュニケーションの一つでした。
 今日は会場にこども見守り隊や清掃ボランティアの方々もおいでのようですが、こういう活動は協働の場、たすけあいの場であり、言葉っこを掛けるいい機会です。地域の中で顔が見える関係を作っていくこと、ふれあいを持つ事が大切ではないかと思います。
 今日は、3組のみなさんから実践、体験発表をお願いしておりますが、これらの取組みを通して情報を共有化することにより、参加者の皆様が関わる分野や世代を越えた共通の問題点を考えて頂きたいと思います。
 最後に菱沼先生のお話から、地域のつながりのヒントなりきっかけを得て頂きたいと思います。そして、地域のつながりを促進できる人材を発掘、育成出来ればと思っております。フォーラムという形式上どうしても話を聞く形式になってしまいますが、一方通行にならないよう皆様からもご質問を出して頂けましたら幸いです。
 まず自分から変わり、まわりに働きかけて小さな渦をつくっていただきたいと願っております。
 今日はどうかよろしくお願い申し上げます。