現在地: Home 町長室 三種町長だより 八竜中学校入学式 (4月7日)

八竜中学校入学式 (4月7日)

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

 平成26年度八竜中学校入学式にあたり、一言お祝いの言葉を申し上げます。
 「夢と希望」にあふれる新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
 皆さんがこれから三年間に身につけなければならないことはたくさんありますが、まずは新しい友達と力を合わせ、勉学や運動に励まれ、自分の行動に責任と誇りが持てる中学生になっていただきたいと思います。
 そして、自分の夢に向かって勇気を持って一歩ずつ前進し、強い心と思いやりのあるやさしい人間に
成長されますよう心から期待しております。
4.7 八中入学式  さて、新入生の皆さんの中には、これまで身の回りのことにしか目を向けていなかった人もいるかと思いますが、今日、この日を機会に、少しずつ周りに注意の目を向けてみて下さい。私達は今、好むと好まざるとに関わらず、グローバル化の大きなうねりの中にいます。
 国内では東日本大震災によって被災した被災地の復旧・復興やアベノミクスと言われる経済政策、四十年ぶりの農業政策の大転換、そして、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催などを控えております。
 また、目を世界に転ずれば、依然として不安定な欧州債務問題や、ウクライナ問題、尖閣・竹島をめぐる日・中・韓問題や北朝鮮問題など、世界の国々で今何が起きているのか、是非、積極的に関心を持つようにしていただきたいと思います。
 今、皆さんの心の中ではこれから始まる学校生活にわくわくする気持ちと、勉強や部活動についていけるかどうか不安に思う気持ちが交錯していることでしょう。決して恐れず、逃げずにぶつかっていってください。そのためには自分なりに精一杯“準備する”ことが大事になります。
 ニュートリノ理論でノーベル物理学賞を受賞した東京大学名誉教授の小柴昌俊先生は、こんな事を言っています。
「運がいいなんてありえない。チャンスは周到な準備をした者だけにやってくる」また、「運を捕まえられるかどうかは、日ごろから準備していたかどうかだ。」とも言っています。紙一枚の薄さほどの努力もそれが積み重なれば一冊の本のような厚さになります。まさに「継続は力なり」であります。
 さて、保護者の皆様方、お子様の中学校ご入学、心からお祝い申し上げます。
 お子様方の中学校生活3年間は、社会の一員として人格を形成する上で最も重要な時期です。何事におきましても学校との連携や相談を大切にされまして、毎日、子どもたちが充実した学校生活を送るために手を差しのべられるようお願いいたします。
 
町では校舎の耐震化や大規模改修、トイレの洋式化など、児童・生徒の皆さんの教育環境の整備と、教育内容の充実を今後とも図って参りますとともに、中学生までの医療費を無料にするなど、親御さんの負担を少しでも減らすよう子育て支援をして参りますので、ご理解・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い致します。
結びになりますが、新入生の皆さんの健やかな成長をお祈りし、お祝いの言葉といたします。