現在地: Home 町長室 三種町長だより 平成23年度 町長あいさつ 森岳歌舞伎定期公演(9月18日)

三種町長だより

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

森岳歌舞伎定期公演(9月18日)





 森岳歌舞伎定期公演がこのように盛大に開催されますこと心よりお喜び申し上げます。
 開演に当たりまして、一言お祝い申し上げます。

森岳歌舞伎1

  現在、いわゆる農村歌舞伎の定期公演を行っているところは、全国で30数カ所ありますが、森岳歌舞伎もその中の一つでございます。江戸時代後期約240年前に伝承されたと言われている森岳歌舞伎は、地域に根ざした素朴な農村歌舞伎として、「森岳歌舞伎保存会」によって維持されて参りました。後継者の減少、活動資金の不足等、いろいろな課題を克服しながら、今日まで活発な活動が行われていることに対しまして、改めて敬意を表したいと思います。
 また、昨年7月には「伝統の火を消してはならない」との強い思いから、保存会の活動を支援しようと、佐藤家隆氏を会長とする森岳歌舞伎後援会が発足いたしましたことは、誠に勇気のある、時宜を得た行動だと思っております。
 9月定例議会が終わり、補正予算で森岳歌舞伎保存会への補助として、250万円が決まりました。これは、国から全額コミュニティ助成事業としてくるもので、保存会では不足しているカツラ等の購入に充てると聞いておりますが、是非とも有効にお使いいただきたいと思います。平成26年には秋田県で文化の国体と言われております「国民文化祭」が行われます。全県25市町村すべてを会場に「手あげ方式」で各種目がこれから決まります。当町では第一番目に「地歌舞伎」を開催したいということで手を挙げておりますが、経済的な波及効果もあり、是非決まってほしいと願っております。皆さんからも応援をよろしくお願いいたします。

 結びになりますが、森岳歌舞伎が三種町の伝統芸能として今後とも継承されていくことを、そして、地域の皆様におかれましても、保存会の活動をご支援いただきますよう御期待申し上げ、お祝いの言葉とさせていただきます。

森岳歌舞伎2