現在地: Home 町長室 三種町長だより 平成24年度 町長あいさつ 三種町農業再生協議会臨時総会挨拶(2月8日)

三種町長だより

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

三種町農業再生協議会臨時総会挨拶(2月8日)

農業再生協議会臨時総会1
 皆様こんにちは。今年は例年になく雪が多く、皆様も毎日の雪かきで大変お疲れのことと思います。まだまだ寒さは続きます。くれぐれも体調管理にはご注意願いたいと思います。
 本日はご多用のところ、三種町農業再生協議会臨時総会にご出席いただき誠に有り難うございました。また、日頃、皆様方には町行政全般にわたり格別のご理解とご支援を賜り、改めて厚く御礼申し上げます。
 さて、昨年12月27日県から平成24年産米の生産数量目標及び水稲作付面積目標が配分され、県段階では生産数量目標は44万3,640トンで、前年産より3,220トン、率にして0.7%増加いたしました。前年産比増の主なる要因としては、売り切り重視の販売戦略への転換だとか、過去の政府備蓄米の内在庫の2割相当を需要実績の算定で考慮されたと見られます。
 県では生産目標の増加を受け、各市町村の水田面積に占める11年産米の生産目標の割合に一律0.5ポイントを上乗せした。また、配分率が低い市町村には最大0.95ポイント上乗せし、高い市町村からは最大0.95ポイント差し引き生産目標を算出することになりました。
 この結果、平成22年度には11.2ポイントあった最大格差は7.5ポイントまで縮まるに至りました。
農業再生協議会臨時総会2
 本日の議題の第1は、県の通達を受けて、当町での配分について皆様にお諮りするものであります。
 議題の第2は、平成24年度転作作物等の助成単価(案)についてでございます。備蓄米助成の部分が23年度と異なっております。
 議題の第3は、規模拡大加算に関する協議会が認める範囲についてでありまして、よろしく御審議願います。
 議題の第4は、平成18年4月1日施行された『農業経営基盤の強化の促進に関する基本的な構想』について、その後平成22年3月11日に一部改正されておりましたところ、今回文言等の整備をし、見直しするものです。
 以上、4件を提出いたしましたが、何卒よろしくご審議いただきますようお願い申し上げまして挨拶に代えます。どうかよろしくお願いいたします。