現在地: Home 町長室 三種町長だより 平成24年度 町長あいさつ 山本中学校卒業式祝辞

三種町長だより

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

山本中学校卒業式祝辞

卒業証書授与式
 日、一日と春を感じる季節になりました。山本中学校の卒業式が挙行されるにあたり、一言お祝いを申しあげます。
 今日の良き日に、晴れて山本中学校を巣立ち行く62名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。また、保護者の皆様におかれましてはお子様のご成長ぶりに感無量かと思います。心からお祝いを申し上げます。
 そして、今日を迎えるまでの3年間、生徒の人間教育に全力を傾注されてこられた、校長先生をはじめとする諸先生方に深く敬意と感謝を申し上げます。
 皆さんは今、卒業証書を手にされて、どんなお気持ちですか。ちょっとした自信や誇りも入り混じって胸を張っていることでしょう。そして、まぶたの裏に三年間の諸々の思い出が去来し、さぞ、感慨ひとしおのことと思います。
 さて、昨年3月11日、未曾有の被害をもたらした東日本大震災から早いもので一年が経ちました。被災地では未だに復興・復旧が進まず、更には原子力発電所事故による放射能漏れの収束も先行きが見えないまま、大きな不安を抱え日々の生活を送っている方々がたくさんおられます。
 人生にはいつ、どこで、どんな事が起きるか分かりません。この震災のように長い人生の中では何が起きるかわからないのであります。どんなことが起きても対応できる「知恵」と体力を若いうちに養ってほしいと思います。
 成績が良いというのも大事ですが、「生きるための力」を養ってほしいと思います。その為にはお年寄りの話に耳を傾けるとか読書をするなども一つの方法でしょう。アンテナをはって様々なことから学んで下さい。そしてたくましい若者になってほしいと思います。
 そして願わくば、鮭が生まれ故郷の川に帰ってくるように、この三種に帰ってきて、ふるさとをより発展させて下さい。待っています。
 それらも健康がなければできません。何よりも健康第一に、自分のペースを守り、常に努力と忍耐を友として頑張ってください。これからの、皆さんの勇気あふれる更なる飛躍を期待いたしまして、祝辞とさせて頂きます。