現在地: Home 町長室 三種町長だより 平成24年度 町長あいさつ 三種町身体障害者協会総会 (4月18日)

三種町長だより

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する

三種町身体障害者協会総会 (4月18日)

4.18 身障協会総会
本日は、平成24年度三種町身体障害者協会総会、誠におめでとうございます。総会にあたり、一言ごあいさつ申し上げます。
 皆様には、日頃から不自由を克服されながら地域社会に貢献され、ご活躍されておられることに心より敬意を表するものであります。
 私も町長になってから左足骨折をして、2ヶ月ほど松葉杖のお世話になりました。人間というものは誠に勝手なもので、それまで気にも止めていなかったものが不自由な体になって初めて見えたというか、例えば役場の階段の急なことや段差が各所にあって、とてもバリアフリーにはほど遠いことなど、体の不自由な人達への配慮をもう少し考えなければと痛感したところです。
 今後、公共施設の段差の解消、障害者用トイレ、スロープ等の設置など、バリアフリー化を計画的に推進して参りたいと考えておりますとともに、在宅障害者への福祉サービスの充実に努めて参りたいと考えております。
 さて、2月25日、三種町スポーツ・文化栄誉賞の表彰式が琴丘総合体育館で行われ、その際に県の身障者スポーツ大会等で活躍された皆様も多数表彰させていただきました。ご存じのように、本町におけるまちづくりの将来像として、「豊かな自然と大地の恵み、心ふれあう協働のまち」をあげておりますが、私は、何と言っても明るい地域作りの主役は、自分自身であるという意識が、まちづくりの基本であると考えております。
 身体障害者の方に対する福祉対策につきましては、町といたしましても鋭意努力いたしておりますが、地域社会の協力はもちろん、障害者の方々自らも進んでその障害を克服しようと努力をすること、更には、社会活動に参加しようとする熱意と努力もまた、大事であろうかと思います。 
 皆様におかれましても、事業を通じて、会員相互の連携のもとに、明るい地域作りに貢献いただいておるところですが、今後とも益々信頼の輪を広げられ、ご活躍いただきますようお願い申し上げます。
 結びになりますが、本日ご出席の皆様方のご健勝とご活躍を御祈念申し上げまして挨拶に代えさせていただきます。
 本日は誠におめでとうございました。