現在地: Home くらしのガイド障害障害者福祉サービス利用の手続きの流れ

障害者福祉サービス利用の手続きの流れ

  • このページをマイリンクに追加する
  • このページを印刷する
障害福祉サービス利用の手続きの流れ

  障害福祉サービスを利用する場合は、事前の申請などの手続きが必要になります。
  利用申請後、障害者の心身の状況調査(障害程度区分の決定)、概況調査、サービスの利用意向等により、支給決定を行います。
 
1.相談・申請
  町または相談支援事業者に相談し、サービスが必要な場合は町に申請します。
  【申請に必要なもの】 ・申請書
・収入等申告書(同意書含)
・収入等を把握できる書類
・所有の障害者手帳
 

               ↓
2.調   査
  障害者または障害児の保護者と面接して、心身の状況や生活環境などについての調査を行います。(障害程度区分認定調査106項目)
               ↓
3.審査・判定
  調査の結果及び医師の診断結果をもとに、三種町障害程度区分認定審査会において、どのくらいサービスが必要な状態か審査・判定を行い、障害程度区分を決定します。
               ↓
4.決定(認定)・通知
  障害程度区分や生活環境、申請書の要望などをもとにサービスの支給量などを決定し、「障害福祉サービス受給者証」が交付されます。
               ↓
5.事業者との契約
  サービスを利用する事業者を選択し、利用に関する契約をします。
  その際、いつ、どのサービスをどのくらい使いたいかの予定(サービス利用計画)を作成します。自分でプランを組むことが困難な場合は、相談支援事業所から作成してもらうことができます。
               ↓
6.サービスの利用開始
  サービス提供事業所に受給者証を提示してサービスを利用し、原則として1割の利用者負担を支払います。
  ※(例)4,000円のサービスに対して、利用者負担は400円



●サービスを利用した時の費用
  サービスを利用したら、費用の1割をサービス提供事業所に支払います。ただし、負担が重くなり過ぎないように、所得に応じて支払う費用の上限が決められています。

●利用者負担上限額
  障害福祉サービスの定率負担は、所得に応じて4つの区分に分けられ、それぞれに負担の上限額が決められています。 

区 分 世帯の収入状況 月額負担上限額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得1 市町村民税非課税世帯で
サービスを利用する本人の
収入が80万円以下の方
0円
低所得2 市町村民税非課税世帯 0円
一  般 市町村民税課税世帯 37,200円

●食費等実費負担の減免措置
  入所施設の食費・光熱水費の実費負担については、施設ごとに額が設定されますが、低所得者については少なくとも手元に25,000円(障害基礎年金の等級や年齢等で違います)が残るよう補足給付が行われます。


◆問い合わせ先
 三種町福祉課 地域福祉係  TEL0185-85-2190
 三種町琴丘支所 地域生活係  TEL0185-87-3516
 三種町山本支所 地域生活係  TEL0185-83-2115
 山本更生会「大日寮」内 相談支援係  TEL0185-83-3478

 

関連する質問

関連する質問はありません。

この情報に関するお問合せは

福祉課 地域福祉係
〒018-2401 秋田県山本郡三種町鵜川字岩谷子8
開庁時間:月曜日~金曜日(午前8時30分~午後5時15分まで)
閉庁日:土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
電話:0185-85-2190 FAX: メールでのお問合せ

このページの情報は役に立ちましたか?

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。